登壇者情報・講座詳細

変化に対応し、未来をつくる“食を包む”という仕事

私が商業界ゼミナールで学び、実践していること

伊藤景パック産業株式会社 代表取締役社長 伊藤景一郎

伊藤景一郎
  • 講座詳細
  • プロフィール

食品包装のパイオニアとして、「今の食シーン」を掲げ、時代の先端業態、売場、商品に相応しい商品開発と提案をし続ける同社。いま、WASARAというコンセプトで人に、環境に優しいプロダクトの提案を進めている。“食を包む”視点からみた同社の変化対応とチャレンジの原動力を語ってもらいます。

伊藤景一郎 (いとう けいいちろう)

1949年、東京・神田生まれ。1974年、中央大学卒業。大学卒業後、イトーヨーカ堂で、婦人衣料品売場のマネージャーを務めるなどして、1979年に伊藤景パック産業に入社。商品開発から売り出しまで支援する「繁盛サポート部」を発足させる。全国主要菓子店とプロジェクトを行い多くのヒット菓子を生み出した。1997年、47歳で三代目社長に就任。その後、繁盛サポート部をデザート生活デザイン研究所に組織改編。百貨店の菓子売り場定店観測などをまとめたニューズレターは、菓子業界のトレンドを知る貴重な資料となっている。2008年、デザインに優れた和テイストの紙食器「WASARA」を製造する新会社を発足。ヨーロッパを中心とした海外で高い評価を集めている。

【サイト】
https://www.itokei.com/