登壇者情報・講座詳細

ミッション――
これからのリーダーシップに求められるもの

(株)リーダーシップコンサルティング 代表 岩田松雄

岩田松雄
  • 講座詳細
  • プロフィール

スターバックスコーヒー・ジャパンやTHE BODY SHOPなど日本を代表するグローバルカンパニーで培った経験や実績をもとに、世界に通用する日本のリーダー育成に尽力する本講座講師が、いまもっとも日本の企業組織に欠かせない要点であるリーダーシップの根源「ミッション」について語ります。

「ついていきたいと思われるリーダーになりたい!」
「チームを率いてプロジェクトを成功させたい!」
「確かな説得力とアイデアで、誰かに影響を与えたい!」
「部下の力を引き出し、事業を成功に導くマネジメント能力がほしい!」
「リーダーは孤独……悩みを共有し、さらに高め合える仲間はいないのだろうか?」
「将来につながるビジネスパートナーにはどうすれば会えるのだろう?」
そんな悩みを解決する糸口が見つかります。

岩田松雄 (いわた まつお)

立教大学ビジネスデザイン科教授・早稲田大学非常勤講師
元スターバックスコーヒー・ジャパン代表取締役最高経営責任者

1982年に日産自動車入社。製造現場、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験し、社内留学先のUCLAビジネススクールにて経営理論を学ぶ。帰国後は、外資系コンサルティング会社、日本コカ・コーラ ビバレッジサービス常務執行役員を経て、2000年(株)アトラスの代表取締役に就任。3期連続赤字企業を見事に再生させる。

2005年には「THE BODY SHOP 」を運営する(株)イオンフォレストの代表取締役社長に就任。店舗数を107店から175店舗に拡大しながら、売上げを約2倍にする。伝説の創業者、アニータ・ロディックからの信頼も厚かった。

2009年、スターバックスコーヒー・ジャパン(株)のCEOに就任。「100年後も輝くブランド」に向けて、安定成長へ方向修正。ANAとの提携、新商品VIA(スティックコーヒー)の発売、店舗内wifi化、価格改定の実行など次々に改革を実行し、業績を向上。日本に数少ない“専門経営者”として確固たる実績を上げてきた。

2012年より約1年間産業革新機構に参画。2013年にリーダー育成のための(株)リーダーシップコンサルティング設立。2010年UCLAよりAlumni 100 Points of Impactに選出される(歴代全卒業生3万7000人から100人選出。92年卒業生では唯一人)

【㈱リーダーシップコンサルティング 公式サイト】
http://leadership.jpn.com/

【著書】
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方(サンマーク)
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由(アスコム)
君を成功に導く49の言葉~5年後リーダーになる人 5年後も部下のままの人(大和出版)
仕事の成果は「目線」で変わる(知的生きかた文庫)
チームリーダーのための「7つの習慣」(商業界)
私はかつてTOEIC300点だった 岩田式英語勉強法(講談社)
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の言葉(サンマーク)
「徳」がなければリーダーにはなれない 「エグゼクティブ・コーチング」がなぜ必要か (PHPビジネス新書)
「働く君に伝えたいこと―プロフェッショナル経営者の父から息子への28通の手紙」(フォレスト出版)
「スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。」(角川書店)
「スターバックスCEOだった私が伝えたいこれからの経営に必要な41のこと」(中経出版)
「今起きていることは、すべてあなたに必要なんだ: ザ・ボディショップ、スターバックス元CEOが語る、46の一問一答」(徳間書店)
「早く社長になりなさい」(廣済堂出版)
「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方(サンマーク)
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方(サンマーク)
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由(アスコム)
ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得(アスコム)
部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密(角川書店)
スターバックスCEОだった私が社員に贈り続けた31の言葉(中経出版)
「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと(経済界)
リーダーに贈る言葉1・2(セカンド・オピニオン)