登壇者情報・講座詳細

人材育成

商業にとって何より大切な資源は人材。
人手不足時代にあって、いかに人材を採用・育成し、モチベーションを高め、
結果を出すかが企業の将来を左右するでしょう。
「店員と共に栄える」ための具体的手法が学べます。

従業員のモチベーションを上げるペップトーク

日本ペップトーク普及協会 代表理事 岩崎由純

岩崎由純
  • 講座詳細
  • プロフィール

ペップ(pep)とは元気、活力、活気という意味の英単語。それにトーク(talk)がついて「励ましの言葉」という意味になり、スポーツチームの監督やコーチ、学校の先生、会社なら上司など指導的立場にある者が、本番に向かう選手や生徒、部下に対して激励するスピーチをいいます。ネガティブなことを一切言わず、前向きな言葉を選んで行うのが“前向きな背中のひと押し”がペップトークなのです。

本講座では、従業員のモチベーションを高める手法を、日本のペップトーク第一人者の本講座講師、岩崎由純さんが解説します。

岩崎由純 (いわさき よしずみ)

1959年生まれ、山口県岩国市周東町出身。NECレッドロケッツ現コンディショニングアドバイザー。日本初の「アスレチックトレーナー」として、数々のスポーツ現場で活躍。アメリカ留学中に、ペップトークの迫力・想い・魅力を体感し、現在では、スポーツ・教育・ビジネスの世界に普及するため全国で講演会を実施中。

【日本ペップトーク普及協会 公式サイト】
https://www.peptalk.jp/

「類人猿性格分類」による自己理解・他者理解のコミュニケーション法

(株)YPYエデュケーション 代表取締役社長 岡﨑真悟

岡﨑真悟
  • 講座詳細
  • プロフィール

初めに実際の大型類人猿の特徴や生活習慣を説明することで各タイプの違いを認識していただきます。
その上で、実際に参加いただく方々にもタイプ別に少人数のグループを作ってもらい、テーマに即して意見交換を行うことで自分と波長の合う人とそうでない人との違いを体感してもらいます。
自分自身では思い浮かばないような発想や着眼点が他のグループから出てくるのでこの意見交換は驚きと新たな発見の連続になると思います。

最後に弊社グループ内での活用方法を紹介することで、参加いただく方々の職場でも活かせるヒントを提供できればと考えています。

岡﨑真悟 (おかざき しんご)

【履歴】
2007年 関西学院大学社会学部卒業
2007年 英国:オックスフォードブルックス大学留学
(株)エブリイホーミイホールディングス内のグループ企業6社で役員を兼務
(株)ホーミイダイニング   代表取締役社長
(株)ヨシケイ福山      代表取締役専務 営業本部部長
(株)ひな市         代表取締役社長
(株)さわだ         代表取締役社長
(株)YPYエデュケーション 代表取締役社長
(株)けんこう応援団     代表取締役社長

【所在地】
721-0973 広島県福山市南蔵王町1-16-11

【公式サイト】
https://www.ypy-edu.co.jp/

【事業内容】
17期連続2桁増収、スタッフ5,000人を超えるスーパーマーケット㈱エブリイを中核とした㈱エブリイホーミイホールディングスの教育研修を担当。社内だけでなく、企業、大学、教育機関をはじめ、東京、関西でも定期的に開催。メディアの注目も高く、雑誌、新聞、テレビの取材も多数。

すぐに辞めない人材を揃えるとっておきの方法

これから10年、人材に困らないために

メンタルチャージISC研究所 代表 岡本文宏

岡本文宏
  • 講座詳細
  • プロフィール

今、多くの業種で問題となっている人手不足。特に労働集約型産業に属する企業では深刻で、採用しても数カ月で退職、早ければ数日もたないというケースも少なくありません。

そこで本講座では、どんな時代でも通用する“優秀な人材”の揃え方、育て方、マネジメントの具体策を解説。それらは、本講座講師の岡本文宏さんがかつて経営していた店舗の現場において従業員の定着率が地区平均の4倍超えを実現するに至った手法であり、かつ人材育成コンサルタントとしてのべ200社以上、40を超える業種に12年以上にわたり提供、ブラッシュアップさせてきた実践ノウハウです。

岡本文宏 (おかもと ふみひろ)

スタッフの“やる気”と“売る気”を一気に上げる日本初の商店主専門ビジネスコーチ。アパレル専門店チェーン勤務、セブン-イレブンFC店経営を経て2005年メンタルチャージISC研究所を設立。延べ250社以上の経営者に対して繁盛店になるための人材育成、マネジメントのノウハウを提供。

商工会議所、業界団体、ショッピングセンターなどでの講演は年間100回を超える。「月刊商業」「月刊コンビニ」など専門誌への執筆多数。著書として『仕事をまかせるシンプルな方法』『繁盛店のやる気の育て方』他、海外でも翻訳されている。一般社団法人エントラストマネージメント協会代表理事。

【岡本文宏 公式サイト】
http://okamotofumihiro.com

【著書】
できる人材がすぐに辞めない職場のつくり方(商業界)
仕事をまかせるシンプルな方法(商業界)
店長の一流、二流、三流(明日香出版)

もう一度売上げを本気で追求する「ほめ育」

(株)スパイラルアップ 代表取締役 原 邦雄

原 邦雄
  • 講座詳細
  • プロフィール

「スタッフが辞めていってしまう。どうすれば定着するのか分からない」「スタッフをほめて伸ばしたいと思っているが“ほめ方"が分からない」「しかって教える、ほめて教える、どう使い分けたらいいのか分からない」「ゆとり世代、さとり世代をどう教育していけばいいのか分からない」「売上減少を打開したいが何から手をつけたらいいのか分からない」……

こんな悩みをお持ちの経営者に、「ほめ育」の第一人者、本講座講師の原邦雄さんがモチベーションも売上も上がる「ほめる基準」をお教えします。

原 邦雄 (はら くにお)

1973年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪工業大学卒業後、食品メーカーを経て船井総研に入社するも、「現場を知らなければ一流のコンサルタントにはなれない」と考え、ラーメン屋に皿洗いとして転職。かつての同僚たちから白い眼で見られながら、1年半という超スピード出世で店長に。2007年、「ほめ達検定」をやっている有限会社シーズに入社、「ほめる」ことの効果と重要性を実感。

2008年、プロジェクトR21主催のセミナー講師コンテストでグランドチャンピオンに輝く。

2011年、日本で唯一「ほめることで売上を上げる」ことにコミットメントした「ほめ育コンサルタント」として独立。現在、年商200億円の企業をはじめ、優良企業40社のコンサルティングを行う。顧問先は海外にも多数あり、アメリカにも支社を設立。スタッフの行動を数値化し「ほめ育」と組み合わせる独自のノウハウで次々に効果に繋げている。また「ほめ育」を世に広く普及させるため、セミナーや企業研修にも積極的に取り組み、セミナーを年間60~100回、企業研修を年間約100回行っている。テレビ朝日「報道ステーション」に「ほめ育コンサルタント」として登場したほか、「商業界」などの雑誌にも数多く取り上げられるなど、マスコミからも注目されている。

【(株)スパイラルアップ 公式サイト】
http://spiral-up.jp/index.html

【著書】
売上が上がるほめる基準(商業界)
今すぐできる! 今すぐ変わる! 「ほめ育」マネジメント(PHP研究所) ほか多数

結果を出しながら人を育てる上司の魔法

最高のチームを作る太陽のマネジメント

(株)上司の魔法 代表取締役 黒岩 禅

黒岩 禅
  • 講座詳細
  • プロフィール

小売・飲食・サービス業は「人」がすべて、といいますが、その「人」の力を引き出すのも殺すのも、店長やマネジャーなどリーダーの力量次第。では、優れたリーダーとは、どんなマネジメントをしているのでしょう?

本講座では、長く現場で成果を挙げてきた本講座講師の黒岩禅さんが、よきリーダーとしての在り方を教えるとともに、結果を出しながら部下たちのやる気に火を付け、チームを一丸とする手法「最高のチームを作る太陽のマネジメント」について、余すところなく伝授します。

黒岩 禅 (くろいわ ぜん)

1968年大阪生まれ。1カ月の短期間で月間550万円の売上を650万円に、900万円の売上を1027万円に、年間3000万円の赤字店舗を半年で黒字化するなど多くの収支改善の実績を持つ。それらは「TSUTAYA5つ星店長コンテスト日本一(1996)」「TSUTAYA5つ星店舗認定(2000)」「従業員満足度調査日本一(2007)」「1280店舗が、売上・QSC・計画達成率・取組などを競い合うTSCにてグランプリ獲得(2008)」「TSUTAYAビジネスカレッジ全国講師オーディショングランプリ!(2010)」 など、直営店・加盟店含め最多の受賞数を誇ることからも証明されている。

現実現場から生まれたマネジメント「太陽のマネジメント」を伝える実践型講師。講演・セミナーでの、他に類を見ない圧倒的なパフォーマンスは、参加者に知識だけでなく熱を伝える。経営者目線で伝えるセミナーは、経営者からの評価も非常に高い。

【(株)上司の魔法 公式サイト】
http://square-one.jp/

【著書】
はじめてのリーダーの教科書(総合法令出版)
「辞められると困る!」と言われる社員がやっている評価されるコツ(総合法令出版)
結果を出しながら人を育てる上司の魔法(クロスメディア・パブリッシング)