トップ > 月刊誌 > 2020年3月号 食品商業

食品商業 2020年3月号

2020年3月号 食品商業

  • 定価:1,350円(税込)
  • 128ページ
  • 2020年2月15日発売

テクノロジーの発展は小売業のビジネスそのものを大きく変える可能性を秘めている。

2020年1月、年に一度、小売業関係者が一堂に会する全米小売業協会(NRF)主催の世界最大の小売業関係のカンファレンスが開催された。

今月から数回にわたって20年、さらに20年代に小売業が進むべき方向性を考える。

※弊社より直接10部以上のまとめ購入をご希望の場合は、メニュー内の「お問合わせ」フォームより別途ご連絡ください。

サンプルページ

目次

【メッセージ】「新しい技術と変わらない原則」

●最新動向

技術革新が実現する【食品小売業の未来】 

・NRF(全米小売業協会)2020ビジョンが示す 小売業が向かう道

・トレーダージョー&ウェグマンはなぜ強いのか

アマゾンVS.ウォルマート

・アマゾンゴーの売場と商品を徹底分析

・巨人・ウォルマートが実験するインテリジェントリテイルラボ

・間違ってはいけないアメリカを見るときの視点 [島田陽介]

【特別企画】食とトレンドがバルセロナに集結!アリメンタリア2020開催迫る

[第2回]美食の国・スペインで学ぶこと [太田美和子]

●実務企画

短期決戦!生鮮4部門

「2020GW」の戦い方&商品

【青果】気温の変化対応が必須、日中と夜間の差に注意 [代田 実] 

【鮮魚】飛び石連休のGW、平日対応も視野に ボリューム&コスパ訴求 [樋口知康] 

【精肉】商戦は4月後半からスタート ハレとケの両立てで、細く長く売るGW [月城聡之] 

【惣菜】天候に要注意、狙い目は雨天、GW疲れの後半は弁当に注力 [林 廣美]   

●問題と解答

入社2年目以降の<部門別>実力テスト

・【青 果】 [榎本博之]  ・【鮮 魚】 [堀内幹夫]  

・【精 肉】 [月城聡之]  ・【惣 菜】 [山岸昭一] 

・【グロサリー】 [近藤 智]  

・おススメ図書

●実務提案

<移動の春>仕事のの教え方・頼み方

・厄介な8つのシーンへの対処法 [岡本文宏] 

・少日数、短時間シフトの主婦を戦力化する店の空気と技術 [赤沼留美子] 

・沖縄ファミリーマート 

マニュアルにふりがなを振りネパール人学生を戦力化 

・マックスバリュ城山店(マックスバリュ西日本)

短時間勤務も可の柔軟な採用、公平で透明な昇給制度 [渡辺米英] 

●新店注目店

・【サミットストア大田大鳥居店】 

ニトリ店内に出店、新規MD満載で広域集客図る 

・【ヤオコー東久留米滝山店】 

イトーヨーカ堂のDS跡地に出店、エコ意識し、精肉でノントレー導入 

・【フードスクエアカスミ三芳店】 

三芳町初出店で埼玉県内ドミナント強化、生鮮の総デリカ化に向けてMDを一新


●特別企画

売れる販促 第30回 サミット編 

台風19号の影響が残る中、前年比で約2倍の実績を挙げた「美味しい“秋レシピ”」


●“スーパートピック” 

・コスモス薬品、価格据え置きで増収減益 ついに関東郊外へ出店開始

・日本生協連が事業概況と方針を発表 

・2300万人、185万カ所、月1億回決済を達成、PayPayがスマホ決済の代名詞を狙う

●連載

・変わらぬ原則&変化対応コンビニの強さここにあり 

〔最終回〕総集編③コンビニのこれから [信田洋二] 

・今すぐ書き込める ! チーフの腕試し 売場の数字力 

最終回 販売計画作成に必要な計数管理 [紙谷佳伸] 

・商売上手を科学する 

第58回 既存顧客の伸びしろを示すカテゴリースコア、その活用について探る [清原和明] 

・食品商業 世界の料理Recipe

Vol.1 ビーフステーキ(アメリカ南部のBBQソース)[加瀬まなみ]

●連載

・このまま使える 4月の販促企画書 テーマ別MDに挑戦!

・Presented by トクバイ 先端企業の取り組みから学ぶ生活者視点のマーケティング

・農と食のイノベーション 

第19回 「日本最大の巨大温室群の今:SARA@笠岡干拓地」[小川孔輔] 

・今すぐ書き込める ! チーフの腕試し 売場の数字力 

第55回 部門チーフとして実践すべき計数管理 [紙谷佳伸] 

・食品商業「丼&ボウル」

レシピVol.10 ハンバーグのクリームシチュー [加瀬まなみ]

・このまま使える 3月の販促企画書  テーマ別MDに挑戦!

[第34回]「これからの10年を考える(前編)」 [沖本裕一郎]

・2020年4月の「旬商材・旬レシピ」 [クックパッド]

・2020年4月の販売計画のポイント [近藤 智]

・家計から見る売れ筋トレンド 前半は新生活、後半はゴールデンウイークに向けた準備を [近藤 智]

「気温と気象」ウエザーMD 初夏日と黄砂の観測日をチェック [常盤勝美]

[野菜]産直セールは県名で訴求 [藤井俊雄] 

[果物]初物メロンと最終イチゴの競演 [坂下眞幸]

[鮮魚]GWの主役はサーモン [堀内幹夫]

[精肉]グレードや部位にこだわったステーキディナーを提案 [月城聡之]

[惣菜]ボリュームたっぷりで春から夏へ [林 廣美]

[日配]三寒四温に練り製品が売れる [城取博幸]

[グロサリー]春の旬野菜と組み合わせて関連販売 [近藤 智]

[菓子/リカー]のどあめ&ガムでケア/五輪に乾杯 世界に広める日本の酒 [近藤 智/山田聡昭]

[雑貨]ゴールデンウイークのお出かけ用品[横島宏一]


・ホットインフォメーション

・チェーンストア&コンビニ月報

・編集後記・広告索引

編集長より今月の読みどころ

「小売業の未来と春の準備」

今回は「食品小売業の未来」と銘打って、「テクノロジーなどを活用しつつ、強さを発揮するためにはどうしたら良いのか」といったテーマを特集しました。

この1月に米国・ニューヨークで開催された全米小売業協会の展示会をベースに、米国小売業の中で独自の強さで存在感を持ち続けているトレーダージョー、ニューヨークに進出したウェグマン、また、アマゾンのリアル戦略の一環であり、世界の小売業をデジタル対応に向かわせるきっかけとなったともいわれるアマゾンゴー、さらにウォルマートのテクノロジー実験店といったラインアップを取り上げています。進化するテクノロジーと、そもそも小売業として追求すべきことは何かという点について、考える機会になれば幸いに存じます。

実務ものでは、新人を迎える春ということで「入社2年目以降の実力テスト」「仕事の教え方・頼み方」商品ものでは、ゴールデンウィークの対策を特集しています。

間もなくやってくる春に向けた準備として、ご活用いただけると幸いです。

【月刊「食品商業」 編集長 竹下浩一郎】

読者アンケート

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須

バックナンバー

バックナンバー一覧 

食品商業 2020年4月号

食品商業2020年4月号

詳細へ

食品商業 2020年2月号

食品商業2020年2月号

詳細へ

食品商業 2020年1月号

食品商業2020年1月号

詳細へ

食品商業 2019年12月号

食品商業2019年12月号

詳細へ

食品商業 2019年11月号

食品商業2019年11月号

詳細へ

食品商業 2019年10月号

食品商業2019年10月号

詳細へ