RMS Retail Management School

毎月1回2日間
3ヶ月に渡って
商店経営の基礎から応用を
徹底教授します。

リテイル・マネジメント・スクール(RMS)とは

「企業は中堅幹部のレベルまでしか伸びない」

この言葉はRMSの創始者であり初代校長の故・川崎進一先生がいつも口にしていた言葉です。企業の発展は社員スタッフひとりひとりの向上にかかっているということです。そうなのです。当スクールは経営の神様を育成するものでなく、スタッフの能力の平均値を高めようというものです。そのために豊かな人間性を育み、同時に心からお客様に寄り添う、そういうスタッフを育成することに傾注しています。まさに、「店は客のためにある」を講座の中で実践しているのです。貴方もぜひ当スクールで学んでみませんか。

RMSのお申し込みはこちらから

講座内容

石原靖昿

校長 石原靖曠

開講講演「商業の歴史と業態の進化」

業種店から業態店へ、総合業態からライフスタイル業態へと進化をし続ける商業の歴史を解説。なぜ業態は進化し続けるのか、ウォルマートなどの例を挙げながら具体的に説明します。

最終激励講演「商売十訓」

大きな時代の転換期にあたり、これからの時代の商人に必要なものはなにか、石原先生の激励を込めた最終講演です。倉本長治「商売十訓」と、ウォルマート創業者サム・ウォルトンの経営10か条を比較しながら商人が進むべき道を提示します。

上保陽三

上保陽三

講座「店長の総合的知識と役割理解」

強い店長になるために今すぐこの勉強をしよう!

会社の戦略を店の戦略として実践することの重要性をはじめ、店長が負うべき管理責任、組織の理解、リーダーシップ、数値責任と行動基準などについて講義します。

加藤克典

加藤克典

講座「ターゲット顧客を100%獲得する店づくり」

選ばれる店になろう!
そのためにお客様像を浮き彫りにしよう!

新店を出店、或いはリニューアルする時、時間も予算も限られている中で自店をどう強化していくかは、ターゲットを浮き彫りにすることが必要不可欠です。つまり「たった一人のお客様像」を浮き彫りにすることで多くの人に支持される店になることができます。当講座は、お客様が「本当に求めていること」に応えるための方法について、ワーク形式で学習します。

木村 博

木村 博

講座「問題解決力を養う」

どこに問題があるか分からない。
だから、常識に凝り固まると厄介だ

店長、SVとして見落としてしまいがちなムダを見つけ、マネジメント&オペレーションを的確に行います。「その気で」見ることで、店の中の様々な課題点に気付き、最適なマネジメントとオペレーションを行うための演習を中心とした授業です。

佐藤勝人

佐藤勝人

講座「実践!売り上げをつくる方法」

チラシをどこにどうまくか、店をどうアピールするか。
的確にやれば驚くほど成果が上がる

売上げが上がらない時代、新規のお客さまを呼び込むための販促の技術について、栃木県№1カメラ専門店の代表として活躍する佐藤勝人講師が解説。自店ならではの強い単品を持つことの重要性と、その商品を軸とした販促のノウハウ・実践方法について、自身の体験をベースに具体的に講義します。

清水 均

清水 均

講座「人材活用の基本」

パートアルバイトの気持ちを汲めば、
作業効率は飛躍的に上がり、繁盛店になる

パートアルバイト戦略化のポイントは何か、人材の採用・育成・活用の№1コンサルタントが解説します。採用からトレーニングの方法、生産性を上げるための仕組みづくり、モチベーションアップの方法、人件費管理のための計数の基礎知識が習得できます。

井上 剛

井上 剛

講座「売場で使える計数の基本」

計数を使いこなせると、目標と成果が
はっきり見え、こんなにも仕事が楽しくなる

売場でのデータ活用のステップ、相乗積を使ったマージンミックスの方法とその応用、商品回転率を使った在庫改善の方法、その活用時の留意点、交差比率が重要な理由など、店舗をマネジメントする上で重要な計数を、基本から応用までしっかりと理解してもらいます。

並木雄二

並木雄二

講座「ストアコンパリゾンを完全習得」

東京で最も店舗の改廃が活発な街、自由が丘で考える。
マーケティングとストアコンパリゾン

東京で最もファッショナブルで新たなスタイルを提案する街、自由が丘。そんな自由が丘の同業態で競合する店を比較することによって、顧客対象の違い、コンセプトの狙い通りに成果を上げているかどうかを検証します。また、各自で自身のテーマに基づき街をマーケティングし、より現場で使える内容を構築しています。

福島りの

福島りの

講座「接客とチームワークのパワーアップ」

人と接する! その時あなたはどうするか。
実演で自分自身の方法を確立する

お客様、スタッフとよいコミュニケーションをとることは、店づくりの第1歩。でも、実際にはどうしたらいいのだろうか。Q&Aとロールプレイングを行なって良いコミュニケーションの取り方、考え方を身につけます。

開催日程

第78期(9月入学)

9月 18(水) 12:30 - 15:30石原靖曠  商業の歴史
16:00 - 19:00上保陽三  店長の総合的知識と役割理解
19(木) 9:00 - 16:00木村 博  問題解決能力を養う
10月 23(水) 12:30 - 15:30井上 剛  売場で使える計数の基本
16:00 - 19:00清水 均  人材活用の極意
24(木) 9:00 - 16:00並木雄二  ストアコンパリゾンを完全習得
11月 19(火) 12:30 - 15:30福島りの  接客とチームワークのパワーアップ
16:00 - 19:00佐藤勝人  実践! 売り上げをつくる方法
20(水) 9:00 - 12:00加藤克典  ターゲット顧客を100%獲得する店づくり
13:00 - 16:00石原靖曠  激励講演・商売十訓

募集要項

対象 小売・飲食・サービス業の経営幹部候補、店長、店長候補、後継者など、中堅スタッフ
講座目的 3カ月短期集中で商人の精神、商店経営の基礎をマスターし、問題解決能力を高めます。
募集人員 30名
会場 商業界会館2Fホール(東京都港区麻布台2-4-9) 他
受講料 190,000円〈税込み〉(受講料、テキスト・資料、会場費、昼食代等が含まれます。分割払い可)

RMSのお申し込みはこちらから

RMSの歴史

リテイル・マネジメント・スクールを創設した二人の哲人

RMSの源流を遡れば、倉本長治が提唱した商人道に辿りつきます。損得より先に善悪を考えよう、正しく生きる商人に誇りを持てなどその教えを十か条にまとめた商売十訓が基礎となっています。情と理で仕事をするにも情の充実失くして店は動きません。商人としての原点の重要性を説いているのです。
商売十訓という理念の上に実際にRMSのカリキュラムを構築したのが川崎進一です。多くの講座を目的別に細かく分け、それぞれの分野で専門性の高い講師を配置したRMS独自の方法を確立しました。開校以来既に四十年以上経過していますが、この方法によって最新の高度な知識を持った講師による講座が受講できるようになっています。

倉本長治

倉本長治 商業界主幹

1899~1982
東京生まれ。山下汽船を経て誠文堂新光社にて、商店経営に関する書籍や雑誌の記事を執筆。1948年、株式会社商業界を設立し、経営指導で全国を回る。1950年、商業界主幹に就任し、多くの小売商人を育てる。

川崎進一

川崎進一 リテイル・マネジメント・スクール初代校長

1910~2001
新潟県生まれ。1936年、東京大学経済学部卒業後大連経済専門学校教授、新潟大学人文学部教授、東洋大学経営学部教授を歴任。この間にリテイル・マネジメント・スクールを創設し、我が国の小売り業界発展に尽くす。

倉本長治の商人道を基礎にカリキュラムを構築

現在のRMSはその創設の理念を尊重しながら、目まぐるしく変化する現在の社会に対応して、最新の理論と実践経験の豊富な講師陣をラインナップしています。ことに石原校長による小売業に絞った近代の歴史の講義は秀逸で、正しく過去を捉えれば未来の姿が見えてくるというものです。また、高度成長期のような状況が望めないこれからの時代は、いかに効率的に店を運営するかが重要です。そのためのスタッフの育成、計数の活用、働きやすい職場環境の構築、売上げアップの方法など、これからの小売店経営に必要不可欠なカリキュラムがすべて備わっています。

店は客のためにある

講座風景スナップ

  • 店舗視察の前に要点を講義

  • 休み時間の合間にナイスショット

  • 佐藤講師、冒頭からアクセル全開

  • 校長を囲んで卒業パーティ

  • 店の大きさじゃないんだ、お客様の笑顔は我が店の誇り

  • 石原校長最終講義。商売十訓は、我らの真理

  • 卒業証書授与。校長より直に手渡す

  • 期待と激励を込めた最終講座

  • 店づくりとは。店舗視察後のディスカッションに熱が入る

  • 各自発表の成果はホワイトボードにまとめる

  • 春季RMSの最終講座。卒業時は盛夏に

  • 切磋琢磨!熱心に耳を傾ける