トップ > 書籍  > スーパーマーケット実力店長の仕事術

スーパーマーケット実力店長の仕事術

スーパーマーケット実力店長の仕事術

加藤津代志

B6/232ページ/ISBN 978-4-7855-0494-6/2015年10月2日発売

定価 1,728円(税込)

内容紹介


スーパーマーケットの店長がすべきことは、奇をてらったことや特別なことではありません。「運営の基本5原則を、仕事サイクルを通して実行し、女性パートさんを戦力化していく」こと。

本書では、第1章で「スーパーマーケット店長の店舗運営5原則」を詳しく解説していきます。店長がリーダーシップを取って実現させていくべきことは、ここに書かれている5つです。第2章では、「スーパーマーケット店長の仕事サイクル」を解説していきます。店長は、ここに出てくる6つの仕事を通して、「スーパーマーケット店長の店舗運営5原則」を実現させていきます。そして、第3章では、青果、鮮魚、精肉、惣菜、日配の各部門を舞台に、「5原則」のうちの一つ、「食事提案」がどのように展開されていくのか、事例に触れてもらいます。また、最後の第4章では、私が自分自身で経験したオペレーション面からの改革事例を紹介します。

実現すべきことを学び、実現の仕方を学んで、実例でイメージをつかむ。

本書を読んで、日本のスーパーマーケットに、一人でも多くの「腕利き店長」が生まれることを願っています。(「はじめに」 より)

目次

はじめに〜本書の朝礼

第1章・スーパーマーケット店長の店舗運営5原則
 第1原則 クレンリネス(清潔な売場)
 第2原則 フレンドリーサービス(明るく元気な挨拶)
 第3原則 欠品防止(品切れのない売場)
 第4原則 鮮度管理(鮮度と味の追求)
 第5原則 食事の提案(毎日の献立紹介)

第2章・スーパーマーケット店長の「仕事サイクル」
 1.情報収集
 2.販売計画
 3.発注ミーティング
 4.売場づくり
 5.途中修正
 6.検証

第3章・実例! スーパーマーケット店長の「部門別売場改革」
 青果部門 「なめこ」のマックスチャレンジ
 鮮魚部門 「お刺身バイキング」の粘り勝ち
 精肉部門 「豚切り落とし」カテゴリーの攻防
 惣菜部門 北海道とうやポテトサラダの挑戦
 日配部門1 すいとんが見せた逆転の発想
 日配部門2 「おつまみおくら」が残したもの
 日配部門3 「豆腐」大改革への長き道のり

第4章・スーパーマーケット店長の「オペレーション改革」
 チェッカー部門 昼礼中止が生んだ専用レジの発想
 配送トラック お客さまの入口を搬入口に!
 ドラッグストア競合対策 相手の商売から学ぶ
 ノーマライゼーション 障害者雇用が生み出す「力」

おわりに〜本書の終礼

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須