トップ > 書籍  > おバカ販促

おバカ販促

おバカ販促

米谷仁

四六/224ページ/ISBN 978-4-7855-0490-8/2015年4月9日発売

定価 1,728円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

史上最強の販促事例満載! 
売れるツボを押さえながら人を幸せにするノウハウ集。
「売り込まずに売る」草食系マーケティングの実践教科書。

目次

第1章 チラシ編「目にした瞬間の0.5秒で勝負は決まる」
1.【号外新聞“風”チラシ】で注目してもらう
2.【認知的不協和(ギャップ)】で興味を惹きつける
3.小難しい内容を【おバカな表現】で伝える
4.【見る人にとって興味あるコトバ】は何かを考える
5.【全部読まなくても伝わる】ように工夫する
6.【どう行動してほしいのか】を明確にする
7.担当者、店長、社長など【個人からのメッセージ】を入れる
8.【お客さまの声】で信憑性を高める
9.フォントと用紙で【潜在意識に呼び掛ける】
10.【人の顔を出す】ことで会話をつくりだす

第2章 リーフレット&パンフレット編「手にしてもらうため『ココ』にエネルギーをつかう
11.【あなたにこそ必要である】ことを一瞬で知らせる
12.【人の気配】で見る人の気持ちをキャッチする
13.見るだけではなく使ってもらう【絵ハガキ“風”パンフレット】
14.【その先を見たくなる】演出で中面へ誘導する
15.反応が悪いのは情報不足かも……だから【リーフレット補強キット】
16.今ある商品・サービスを【編集して発信する】
17.見る人の【不(不安・不便・不都合など)を解消する】意図を持つ
18.読む人のキモチになって伝える【アプローチブック】

第3章 ニューズレター編「人の気配に乗せて惜しみなく情報発信する」
19.共感づくりと印象を残すために【“おバカさ”に徹する】
20.【お客さま参加型ニューズレター】で楽しみながら関係性を深める
21.自分を出して売り込まない【完全手書きニューズレター】
22.本音と明るさで【お客さまに応援してもらう】
23.BtoBでは【お客さまの利益が上がる情報】を発信する
24.【美味しさを楽しく伝える】ことでお客さまをしあわせな気持ちにさせる
25.プロとしての情報発信で【お客さまの“師匠”になる】
26.思わず見てしまう【これでもか!100%完全手書きニューズレター】

第4章 ダイレクトメール編「捨てられずに開封率を高めるこのひと工夫」
27.友だちから届いたような【手づくり感たっぷりの手書きレター】をつける
28.それが誰よりも大好きで一番詳しい【プロのあなたが伝える】
29.口実をつくって何度も送る【ストーカーDM】でターゲットに届ける
30.販促ツールの基本【売れるシナリオ】を意識して伝える
31.確かめずにはいられない心理を利用して【異物混入大作戦】
32.売り込み臭さを消して実行【FAX-DM】
33.コンタクトポイントを絞り込んで【手渡しDM大作戦】
34.お客さまの役に立ちたい思いを【ストーカーFAX-DM】に込める

第5章 名刺編「開封率100%の効果抜群ツールを生かす」
35.【おバカな雰囲気】の名刺で話題と共感をつくり出す
36.【名刺が勝手に営業する】ことで効率を上げる
37.名刺だけでも【わかりやすく編集】してみる
38.【相手が知りたい情報】を伝える
39.【コンタクトポイントを意識】して成約率を上げる
40.【自分の好きなことを遠慮なく発信】すると支持される
41.【2人セット名刺】で仲の良さをアピール
42.開封率100%のダイレクトメール【ブック型16ページ名刺】

第6章 POP編「売上げ直結の販促ツールに磨きをかける」
43.時には【泣き落としPOP】を貼ってみる
44.見る人を意識して【ターゲットに呼び掛ける】と反応が良くなる
45.【スタッフがカラダを張るPOP】で質問してもらう
46.【クイズ・ボード】で会話のきっかけづくり
47.全店舗共通で【人が反応してしまうコトバ】を使う
48.子どもにも良さが伝わる【笑顔だらけボード】
49.楽しみながら忘れず拡散してもらう【いいねボード】

第7章 メールマガジン&ブログ編「売り込まず気軽にお客さまへ連絡する」
50.忘れられないメルマガで【アタマの中のSEO対策】バッチリ
51.【あなたらしさ】【読者が知りたい情報】を発信する
52.【読者のターゲットを絞る】ことで反応を上げる
53.誰に何と言われても【自分が好きなもの】で勝負する
54.携帯メルマガで【突然お得情報】を発信する
55.自分の得意技で【勝手にコンサルタント】が次の仕事につながる
56.プロとして【失敗しない選び方】の情報を発信する
57.自分とまったく関係ない【知らない世界を垣間見る】のもまた楽しい

おわりに「人をしあわせにするのに、遠慮なんか無用です!」

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須