トップ > 書籍  > 5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい

5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい

5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい

三橋一公

四六/160ページ/ISBN 978-4-7855-0457-1/2013年6月12日発売

定価 1,620円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

第1章・起業を考えるならコンビニが一番!
1.コンビニは「利便性」で成長してきた
2.本部支援のあるコンビニ起業は有利
3.大量出店の市場だからチャンスもある

第2章・コンビニ起業の心構え
4.本部の仕組みとお金で起業する
5.起業の心得…1、オペレーションの「達人」になる
6.起業の心得…2、「家族・お金・情報」にも注意する
7.自分の事業ビジョンでチェーンを選ぶ
8.加盟店説明会は「真剣勝負」で臨め!

第3章・複数店経営「成功のためのステップ」
9.一店舗で経営を守るのが難しい時代
10.だから「複数店経営」に失敗する
11.三店舗までに社会保険に加入する
12.コンビニFCは低投資が魅力
13.「人への投資」をまず理解する
14.複数店化の準備…1、1号店で大切なのはまずビジョン
15.複数店化の準備…2、「40歳起業・65歳定年」の人生設計
16.複数店化の準備…3、自分に合う情報を見つける
17.複数店化の準備…4、店を任せる人材を育てる
18.複数店化の準備…5、良い立地を選ばないと苦労する
19.複数店化の準備…6、自己資金が少なくても心配ない
20.複数店化の準備…7、加盟前に家族と十分話し合う
21.複数店化に役立つ本部支援と助成金
22.資金調達は公的機関を最初に当たる
23.法人なり節税と事業化にメリットあり
24.確定申告で節税するためのポイント
25.労務問題と社会保険についても注意せよ

第4章・この実力オーナーの経営力に学べ!
26.複数店オーナーの実例…1、本部と良好な関係を作り、複数店化に弾み
27.複数店オーナーの実例…2、本部からいかに有益な情報を入手するかがポイント
28.複数店オーナーの実例…3、出店立地でチェックするのは人の動線
29.複数店オーナーの実例…4、人口密度が高いエリアで角地が出店の絶対条件

内容紹介

「大量出店の市場だからこそ、チャンスがある! 」

5万店もある「のに」?なぜ今、「コンビニで起業」なのか
そのポイントは3つ。
1.「コンビニ飽和説」にもかかわらず大量出店が続いている
2.「スクラップ&ビルド」にコンビニ起業のチャンスあり
3.二桁店舗で年商数十億円も決して夢ではない

コンビニは本当に儲からないビジネスなのでしょうか。
もし、本当に儲かっているオーナーがいなければ、なぜ、
大手チェーンは大量の出店を毎年続けられるのでしょうか。
どんなビジネスでも勝ち組と負け組は存在します。
私がコンビニでの起業を勧めるのは、自分で起業するより
勝ち残る確率がはるかに高いから です。
(本文より抜粋)

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須