トップ > 書籍  > 俺のイタリアン、俺のフレンチ

俺のイタリアン、俺のフレンチ

俺のイタリアン、俺のフレンチ

坂本孝

四六/240ページ/ISBN 978-4-7855-0454-0/2013年4月2日発売

定価 1,620円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。その「俺の」シリーズを率いるのは坂本孝氏。坂本氏は「ブックオフ」の創業者であり、16年間で1000店舗に成長させた人物である。そして突然の退任。一時はビジネス社会から姿を消した坂本氏だが、再びの挑戦になぜ飲食業を選んだのか。前代未聞の繁盛店はいかにして誕生したのか。そして、これからのビジョンをどのように描いているのか。
まさに事業を創り出す天才、坂本氏がこの本の中で余すことなく語り尽くす。

目次

第1章 空前の繁盛店、「俺のイタリアン」誕生

・立ち飲み居酒屋と、星付きレストランに着眼
・フード原価率88%でも赤字にならない業態
・現場からビジネスモデルを組み立てていく
・「20坪」「1階」、大商圏の立地を求める
・「おいしいこと」「親しみやすいこと」を追求する
・16坪で月商1910万円を達成する
・狭い厨房ならではの課題を解決して、ノウハウにしていった
・知恵を絞り工夫ができる人材が揃っている
・料理人が抱える不満が、ビジネスモデルにつながった
・総料理長の能勢和秀さん、島田博司さんが入社を決意した瞬間
・「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」は「売る姿勢」をつくる
・店は劇場、裁量権を持った料理人はアーティスト
・出自の異なる三人の経営陣でバランスを保つ
・料理を組み立てるプロ、戦略を組み立てるプロ
・パワーアップしていくコストパフォーマンスの「安田理論」
・銀座8丁目に集中出店する理由

第2章 2勝10敗の事業家人生

・最初の家業で倒産の危機と、事業再生を経験
・官僚化した会社組織から、独立を決意
・独立して最初の事業、「オーディオ販売」で大敗する
・中古ピアノの販売で初勝利、古本ビジネスのヒントにつながる

第3章 ブックオフがNo.1企業になれた理由

・古本流通に新しい価値基準をつくる
・フランチャイズで「世直し」「世助け」に目覚める
・「利他の心」が競争優位性をもたらした
・人の成長を重視した経営が評価される
・急成長とともに受けた誹謗中傷を乗り越える

第4章 稲盛和夫氏の教えと、私の学び

・稲盛氏との出会いで「利他の心」を学ぶ
・稲盛氏に叱られた、盛和塾塾生としての誇り
・稲盛フィロソフィに触れて経営に迷いがなくなる
・「経営12カ条」と「六つの精進」

第5章「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」は進化する

・次の「競争優位性」はジャズライブとのコラボ
・競争優位性は、道楽に見える挑戦の産物
・「銀座にはジャズと柳がよく似合う」という街にする
・「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の和食版「俺の割烹」を展開
・更に、最強の数字を追求する「俺のやきとり」

第6章「物心両面の幸福を追求する」決意表明

・「人生を懸けて飲食業に革命を起こす」決意の数々
・新宅明男(執行役員ソムリエ長)
 忙しく仕事ができる、この環境に日々感謝
・山浦敏宏(俺のイタリアンJAZZ料理長兼俺のイタリアン取締役総料理長)
 人を育てていく環境を充実させていく
・松村幸祐(「俺のイタリアンJAZZ銀座コリドー」ソムリエ
 気持ちが一つになって数字が伸び、それでさらに強くなる
・島田博司(取締役総料理長)
 おごることなく、安心せず、あぐらをかかず
・岡本英嗣(「銀座おかもと」料理長)
 いただいた二ツ星の一つは会社の星、もう一つは自分の星
・橋本健太郎(執行役員「俺のイタリアンJAZZ銀座コリドー」支配人)
 仲間のために汗をかいて圧勝する
・同じ目標を共有する力強い一体感
・臼田雅敬(「俺のやきとり」焼き師)
 再びチャンスを与えてくれた坂本社長に感謝!
・藤井大樹(執行役員「俺のイタリアン新橋本店」シェフ)
 お互いに切磋琢磨していきたい
・遠藤雄二(執行役員「俺のフレンチKAGURAZAKA」シェフ)
 新業態はこだわりの料理人の新しい舞台
・能勢和秀(俺のフレンチGINZA料理長兼俺のフレンチ取締役総料理長)
 手間暇を惜しまない技術を存分に発揮してほしい
・高坂進(執行役員「俺のフレンチGINZA」店長)
 この会社の強みは、団結力、理念の共有
・森野忠則(常務取締役)
 今が大変であればこそ将来の蓄積となる
・安田道男(常務取締役)
 徹底した意思の疎通、完璧なチームワークで難局を乗り切る
 われわれは料理や経営の世界を席巻する集団
・会社が利益を上げて、社員に分配する仕組みをつくる

第7章 業界トップとなり、革新し続ける

・株式公開に向かって動き出す
・「カイゼン」を毎日継続して、競争優位性を増やしていく
・社員の成長と共に事業構想が膨らんでいく
・フランチャイズで飲食業の基盤を強くする
・飲食業界に常に革新をもたらす存在を目指す

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須