トップ > 書籍  > リーダーなら解いておきたい職場づくりの練習問題52

リーダーなら解いておきたい職場づくりの練習問題52

リーダーなら解いておきたい職場づくりの練習問題52

平堀剛小川晴寿

四六判/224ページ/ISBN 978-4-7855-0444-1/2012年12月21日発売

定価 1,543円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

ビジネスの現場で起こる問題やクレーム、人材育成の悩みなど、人に関する課題の解決法を、52問のケーススタディで実践的に学べます。職場づくりのため毎週1問ずつ、着実に実践、指導してはいかがでしょうか。

目次

目次

はじめに

【職場の出来事】
その1 「全社キャンペーン」に一生懸命になれない社員がいる
その2 社内の誰もが嫌がる顧客の担当を言い渡された
その3 転職した職場に覇気が感じられない
その4 名刺交換で相手側に好印象を抱いてもらうためには
その5 会議で活発に意見交換するためには
その6 求人応募者への「究極の質問」とは
その7 知人が「若い部下が机の整理をしない」と愚痴りだした
その8 さまざまな年代の人がそろう忘年会で気を付けることは
その9 後輩から「やりたい仕事に就けていない」と相談された
その10 後輩の仕事がはかどっていない
その11 新卒採用で、人材を見極めるには

【部下への対応】
その12 「成果が出ない」という部下へのアドバイス
その13 新入社員が作成したメールへのアドバイス
その14 始業直前に、ズル休みかもしれない電話がかかってきた
その15 新入社員を育てる職場と駄目にする職場の違い
その16 基本行動ができていない若手社員がいる
その17 会社のイベントがあるのに仕事を理由に欠席する若手社員
その18 問題あるマネージャーの陰口を言う新入社員
その19 部下が取引先との約束を破っているようだ
その20 部下が取引先との交渉で「打つ手がない」という
その21 部下についてどれくらい知っているか
その22 仕事に前向きな部下の帰宅時間が遅いことを家族が心配している
その23 「ひねくれた考え方」をする部下がいる
その24 凡ミスを連発して注意をしても改まらない部下がいる

【リーダーの行動】
その25 リーダーとしてメンバーをワクワクさせているか
その26 社長をフォローする存在として行動しているか
その27 新任の課長から「若い社員が憧れる存在になりたい」と相談された
その28 部下をどのように育てようと考えるか
その29 新入社員の教育担当者としてふさわしい先輩社員は
その30 上司と部下の「不毛なやりとり」をやめさせるには
その31 朝礼とは、どのような目的で行うものだと考えるか
その32 「経営理念」を一層浸透させるためには
その33 商談を進めている相手先から自社の醜聞を指摘された
その34 新人から「サービス残業の問題」を指摘された

【新入社員の心構え】
その35 入社して初めての定例会議への臨み方
その36 毎朝、全員で掃除をするときの取り組み方
その37 きちんと整理されていない資料のコピーを先輩から頼まれたら
その38 自分の給料に見合った仕事をしているか

【日常の出来事】
その39 お客さまが閉店間際に来店して注文した商品が売り切れていたら
その40 周囲の人に気配りができているか
その41 普段から気配りのある言葉を使っているか
その42 他者(他社)の成功事例を取り入れる際のポイント
その43 あなたが、これまで最も努力したこと
その44 仕事を「重要性・緊急性マトリクス」に割り振る
その45 高校野球の弱小チームを強くするためには
その46 「イノベーションの本質を考える」ゲーム
その47 「あなたは何のために働いていますか?」と尋ねられたら
その48 「新しい習慣」を身に付けるために
その49 どのようなときに感謝をするか
その50 「一人前」とはどんな状態か
その51 自分の理想だと考える誕生日の過ごし方
その52 仕事とプライベートが共に充実している状態とは

コラム 「ポジティブな習慣」

おわりに

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須