トップ > 書籍  > ありがとうの育て方

ありがとうの育て方

ありがとうの育て方

中山マコト

四六判/224ページ/ISBN 978-4-7855-0436-6/2012年10月29日発売

定価 1,543円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

「なぜその学生街の居酒屋は学生の入店を断り続けるのか?」「なぜ、そのとんかつ屋はとんかつよりキャベツをアピールするのか?」たくさんの小さな「なぜ?」の種は、やがてお客さんの心からの「ありがとう」に繋がっていきます。

「私たちはもっともっと、自分の周辺で起こる、小さな、ちょっとした感動や観劇に気持ちを向けるべきです。それこそが私たちの資産であり、未来への参考資料だからです。そう考えると、私たちの周囲にはたくさんの、本当に数え切れないくらいの“感動の素”や“感激の種”が落ちています。それを拾い上げ、自分のビジネスにそのまま取り入れる。それこそが私たちのできる努力であり、明日から、いえ、今日から起こせる変化です。もっともっと周囲を大事にしましょう。気に掛けましょう。(本文より)」

目次

はじめに

第1章・こんな心配りが欲しかった、7つの気付き

その1・1km先からお客を呼び寄せる笑顔、コンビニのNちゃん
その2・圧倒的!リピート率、カラオケライブ「キトンブルー」
その3・冷たい麺と熱い具の「和えそば」、お客をうならせる「光陽楼」
その4・数字が苦手な税理士、小澤幸子さん
その5・杉並の名アイデア中華料理屋「中華徳大」
その6・ナニワの“イタコ作曲家”橋本理津子さん
その7・「食べちゃダメなものはない」管理栄養士、岸村康代さん

第2章・“ありがとう”を育てた、27の物語

その1・なぜ、そのキャバ嬢は、二度と会えないだろうお客に地元特産品を贈るのか?
その2・なぜ、その居酒屋のお客は、震災被災地の「名もなき酒」を飲みたがるのか?
その3・なぜ、その駐輪場の管理人は、817台の自転車の持ち主と、止めた場所を把握しているのか?
その4・なぜ、そのカレー屋は、ルウを別皿で出すのか?
その5・なぜ、その衣料品店の販売員が担当するとお客はスラックスを3本買ってしまうのか?
その6・なぜ、その寿司屋は、ライバル店をお客に薦めるのか?
その7・なぜ、その指圧治療院は、リラックスできるのか?
その8・なぜ、そのバーは、有名ウイスキーを1杯200円で出すのか?
その9・なぜ、そのとんかつ屋はとんかつよりキャベツをアピールするのか?
その10・なぜ、その牛肉料理屋は、傘を忘れて行ったお客に謝るのか?
その11・なぜ、その学生街の居酒屋は、学生の入店を断り続けるのか?
その12・なぜ、そのオーセンティックバーのマスターは短パン、サンダル履きのお客を入店させたのか?
その13・なぜ、その店のスタッフは、お客の名前を覚えているのか?
その14・なぜ、その料理屋の女将は、料理の注文を一人で受けるのか?
その15・なぜ、そのレジ係の女性スタッフは、トイレの前で待つのか?
その16・なぜ、そのタクシーの運転手は、わざわざ回り道をするのか?
その17・なぜ、その喫茶店は、お冷やを2個持って来るのか?
その18・なぜ、その中華屋のママはいつも入り口そばに陣取っているのか?
その19・なぜ、そのバーの支配人は、忍者のように姿を消すのか?
その20・なぜ、その女性バーテンダーは、お客に土産を薦めるのか?
その21・なぜ、そのラーメン屋は、騒ぐ子供たちを叱らないのか?
その22・なぜ、そのエステティックサロンには、店長の長女が遊びに来るのか?
その23・なぜ、その小料理屋の板長はお客の席まで出てきて、口上を述べるのか?
その24・なぜ、その天ぷら屋は、突然、卵かけご飯の天ぷらを出すのか?
その25・なぜ、その居酒屋の店主は、お客と酒を酌み交わすのか?
その26・なぜ、その大学生ママは、重度のアレルギー児を集めてのクリスマスパーティを主催したのか?
その27・なぜ、その店長からのメールは、一生忘れられないのか?

第3章・“ありがとう”を完成する、27のキーワード

その1・心から一期一会を大切に!
その2・本物の身内愛を持とう!
その3・自分のお客さんに強い関心を持とう!
その4・思いついたらやってみよう!
その5・徹底した観察力を身に付けよう!
その6・自己犠牲に徹しよう!
その7・カスタマイズしよう!
その8・損して得を取ろう!
その9・脇役に焦点を当てる発想を持とう!
その10・役割を認識しよう!
その11・お客さんを守ろう!
その12・お客さんを育てよう!
その13・仕組み化しよう!
その14・最適提案をしよう!
その15・快適追求をしよう!
その16・地元愛を持とう!
その17・先回りをしよう!
その18・本音をつかむことに執念を持とう!
その19・改革への執念を持とう!
その20・遺す思いを持とう!
その21・視点を多く持とう!
その22・共感を生み出そう!
その23・言わないことは聞こえない!
その24・スピードを持とう!
その25・本気をカタチにしよう!
その26・徹底追求をしよう!
その27・距離感を見極めよう!

おわりに

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須