トップ > 書籍  > ネットスーパーの経営と実務

ネットスーパーの経営と実務

ネットスーパーの経営と実務

柴田巌

A5/256ページ/ISBN 978-4-7855-0432-8/2012年6月25日発売

定価 1,728円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

「現在、大手を含めて多くの小売業がネットスーパーを運営している。近い将来の参入を検討中の企業は、その何倍もあるのではないだろうか。しかしながらその事業収支は、メディアの報道ほど良好ではないだろうと推察する。むしろそのほとんどが赤字であり、黒字化に向けた糸口を探しているのではないだろうか?」(「はじめに」より)

本書はネットスーパー参入を検討している、または既に事業として運営している方々に対して、いかにして効率性を高め収益を改善するかを示す具体的な解説書です。

目次

ネットスーパーの経営と実務  目次

はじめに

第1章 ネットスーパーのニーズ
 ・なぜ顧客ニーズが大切なのか?
   利用動機から見えてくる顧客ニーズ

第2章 ネットスーパーの定義
 ・ネットスーパーの定義
 ・ニーズから見た既存ネットスーパーの特徴、課題
 ・生鮮食料品をネット通販することの難しさ
  1 食品スーパーの実店舗との違い
  2 一般的な通信販売との違い
 ・顧客から見たネットスーパーの類型・評価のチェックポイント
 ・ネットスーパーのニーズから見た成功の必要条件

第3章 サービス設計
 ・サービス設計のガイドライン
 ・サービス設計の与える影響
  1 営業〜入会金、月・年会費、ポイント制度(FSP)などとの関係
  2 売上げを伸ばす①
    〜配送料の有無。送料無料になる最低購入額などとの関係。
    商品のお届けという意味での営業時間との関係
  3 売上げを伸ばす②
    〜顧客からの注文を締めてから、お届けするまでの配達納期との関係
  4 売上総利益(商品粗利+その他収入の粗利)との関係
  5 「売上げ・客層の拡大」と「支払い方法」の設計の関係
  6「アクティブ会員率」や「利用頻度」と、
    顧客からの「お申出、クレーム対応」との関係
 ・サービス設計の実務

第4章 ネットスーパーのPL設計
 ・PL設計への経営の意図の反映
 ・PL設計におけるチェックポイント
  1 管理会計では、店舗用PLを併用せず、
    ネットスーパー事業に即したPLの勘定科目体系を新たに作る
  2 PLの予算・実績を有効管理するために、
    主業務の「データ整備」と「業務管理」の仕組みを構築する
  3 PLには、ネットスーパー事業で発生する全収入と全費用を計上する
  4 次のゴール、その道筋を見失わないために、
    「静的PL」と「動的PL」の2種類を使い分ける
 ・ネットスーパーのPL構造と具体例
 ・ネットスーパーは何屋さんか?
 ・1納品当たりの収支(PL)
 ・「利益を生む」PL構造を意図することの重要性
 ・黒字になるPL構造の特徴
 ・変動費と固定費のコスト構造の把握と削減
 ・関連する重要事項
 ・PLの事例

第5章 ネットスーパー経営における組織、業務設計
 ・業務の全体像(受注からお届けまでの流れ)
 ・業務・組織設計に当たっての重要な留意点
 ・ネットスーパーの組織設計
 ・営業部
 ・商品部
  1 商品部全体
  2 主な実務
  3 マーチャンダイジング(MD)
  4 売場作り:カタログ・ウェブ企画・制作
  5 販売計画:マージンミックス
  6 製造加工
  7 販売:商品発注、仕入れ・調達、在庫管理
 ・物流部
  1 物流部全体
  2 ピッキング業務の概要
  3 中継物流業務の概要
  4 個配送業務の概要
  5 品質管理業務の概要
  6 実務設計における留意事項

第6章 事業フェーズ別の経営課題
 ・ネットスーパー成功の鍵:事業フェーズ別の経営課題
 ・フェーズ①準備期間(事業企画から開業まで)
  1 市場規模を見極めた事業設計と参入戦略
  2 営業体制の整備
  3 「顧客にとっての一番店」を目指すための店舗設計
  4 物流業務の準備
  5 情報システムの整備
 ・フェーズ②開業初期(開業から収支均衡まで)
  1 最速で収支均衡点となる会員数を獲得する
  2 商品粗利率30%を目指す
  3 経費率(販売管理費)30%を目指す
  4 最低限の品質を絶対に維持する
  5 PLの状態を正確に把握するための経営管理システムの強化
  6 拡大、横展開するための人材育成
 ・フェーズ③拡大期(黒字化以降のさらなる拡大)
  1 営業力の強化
  2 商流の強化
  3 店舗(カタログ、ウェブ)の強化
  4 経費構造の強化
 ・総括:重要なチェックポイント

第7章 ネットスーパーの今後の展望
 ・ネットスーパーの市場動向
 ・今後のネットスーパー市場への参入
 ・今後の競争
 ・今後の事業機会
  1 生協モデルの進化版を生み出し、非ネット顧客を攻める
  2 コンビニより便利に、コンビニより安く
  3 「鮮度」と「食の安心・安全」の徹底追求
  4 ネットスーパーと店舗を有効活用した「攻め」と「守り」
  5 ネット経済圏のパワーを使った「日常」への切り込み
  6 技術力での差別化(紙とネットの融合)
  7 震災から復興へのドライビングフォースになる

おわりに

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須