トップ > 書籍  > 日本人の買物を変えた「コストコ」がなぜ強いのか

日本人の買物を変えた「コストコ」がなぜ強いのか

日本人の買物を変えた「コストコ」がなぜ強いのか

佐藤生美雄

A5/160ページ/ISBN 978-4-7855-0431-1/2012年6月27日発売

定価 1,728円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

会員制ホールセールクラブ「コストコ」、それは持続可能なビジネスモデルとして注目されている。①継続的に利益をもたらす会員制②高価値を低価格で提供する絶妙なマーチャンダイジング③シンプルで美しいロジスティクス④細部を見逃さないコスト節減の「デリート志向」。そして従業員を大切にする「思いやり経営」。海外の小売業が続々と日本進出を果たしては苦戦を強いられる中、なぜコストコは日本人をも魅了するのか。本書ではこれまでのアメリカ小売業の歴史にふれつつ、コストコの強さを徹底分析する。

目次

日本人の買物を変えた「コストコ」がなぜ強いのか 目次

はじめに

第1章 「コストコ」がなぜ強いのか
 ・強さが明確な2つの理由
 ・新しい消費行動、「コストコ現象」とは何か
   【データ】アメリカにおける会員制ホールセールクラブの市場

第2章 コストコと会員制ホールセールクラブのビジネスモデル
 ・なぜ「会員制」なのか
 ・「ビジネス会員」と「一般会員」の違いとその理由
  <参考>サムズ・クラブ、BJ’sの会員制の概要
 ・「会員制」によってもたらされる経営上の利益
 ・「絶妙なマーチャンダイジング」の原則とは
 ・「倉庫型店舗設計」の意義と効果
 ・「収支構造」が示す、ビジネスモデルの成果

第3章 アメリカ小売業とソール・プライスの足跡
 ・アメリカ小売業の沿革〜会員制ホールセールクラブ誕生前後
 ・(1)「百貨店」の誕生(信用と便利と楽しみを提供)
 ・(2)「通信販売」の誕生(満足保証の提供)
 ・(3)「スーパーマーケット」の誕生
      (セルフサービス方式でコストを削減し低価格を実現)
 ・(4)「現金持ち帰り方式」の誕生
      (デリバリーを廃してより低価格に)
 ・(5)「GMS」の誕生(薄利大量販売店)
 ・(6)「コンビニエンスストア」の誕生(アイテム管理)
 ・(7)「ディスカウントストア」の誕生(チャネル支配権の奪取)
 ・ソール・プライスはいかにして「会員制ホールセールクラブ」をつくり上げたか
 ・1929年の大恐慌の後、農場で悲惨な現場を目撃する
 ・流通業に携わるまで弁護士としての実績を積む
  【参考】卸売業の合併・買収
 ・会員制小売業「フェデコ」と出会い「フェドマート」を発案
 ・会員制ホールセールクラブの原点「フェドマート」創業
 ・革新的な業態ゆえにさまざまな妨害を受ける
 ・「プライベート・ブランド」や「大容量パッケージ」を開発
 ・フェドマートを売却し「プライス・クラブ」を立ち上げる
 ・ジム・シネガルが師ソール・プライスと出会い「コストコ」を立ち上げる
 ・ソール・プライスの経営思想
 
第4章 圧力に屈しなかったジム・シネガルの「思いやり経営」
 ・アナリストの発言に端を発したコストコ批判
 ・会社の存続と、顧客満足、従業員満足を主張
 ・コストコの従業員厚遇が批判される
 ・会社は倫理的であることによって富をもたらす
 ・安い労働力は貧困と社会的病理をあおる
 ・ジム・シネガルのリーダーシップを礼賛
 ・「株主優先」か、「思いやり経営」か

第5章 コストコとジム・シネガルを理解するキーワード
 ・コストコを理解するキーワード
 ・ジム・シネガルを理解するキーワード

おわりに

参考資料

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須