トップ > 書籍  > 改訂版 世界No.1のドラッグストア ウォルグリーン

改訂版 世界No.1のドラッグストア ウォルグリーン

改訂版 世界No.1のドラッグストア ウォルグリーン

松村清

四六上製/296ページ/ISBN 978-4-7855-0422-9/2012年3月30日発売

定価 1,944円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

2009年に施行された改正薬事法で、ドラッグストアはディスカウンターやスーパーとの競合激化が必至の状況に。
今こそウォルグリーンに学べ!
ドラッグストア関係者の必読書。

目次

はじめに

本書の発刊に寄せて

【第一章】今なぜウォルグリーンなのか
 [消費者の変化]
   超高齢社会が到来した
   ますます進む女性の社会進出
   少子化時代の消費分析
 [法律の変化]
   セルフメディケーション(自己健康管理)が新市場を開く
 [競合の変化]
   ウォルマートなど“ビッグボックス”が最大のライバル
 ほころび始めた日本のドラッグストア成長神話
 今こそウォルグリーンに学べ
 自らを律するウォルグリーン経営者の「十戒」

【第二章】世界No.1ドラッグストアのウォルグリーン伝説
 米国のドラッグストアとウォルグリーンの現状
 三七期連続の増収増益を記録
 継続成長を支える企業文化
 勝利に導いた「三F基本戦略」
 社員のモチベーションを上げる方法
 企業運営に社員を参画させる
 やる気を高める「権限委譲」の仕組み
 適切な評価と褒める企業風土
 社員の給与と福利厚生の充実
 ウォルグリーンのロイヤルカスタマー
 売上げを伸ばすフリーエントショッパーズ
 お客さまの声は「天の声」

【第三章】米国社会とドラッグストアの歴史
 モットーは「現状維持は後退なり」
  ・創世記(1900〜1910年代)
  ・苦難の時代(1920〜1940年代)
 ソーダファウンテンコーナーはギャング王カポネも常連客
 ウォルグリーン氏の従業員への手紙
 現代のドラッグストアの原型は1030年代に登場
  ・戦後の高度成長(1950〜1960年代)
 ドラッグストアで最初にセルフサービスを始める
  ・競合の激化と多角化の失敗(1970〜1980年代)
 選択と集中による「コアビジネス」への特化
  ・ナショナルチェーンに成長(1990年以後)
 全小売業の脅威ウォルマートとの生存競争
 ウォルマートに潰されたドラッグストアの共通項

【第四章】ウォルグリーンに学ぶビジネスのヒント
 立地戦略を決める「四つのポイント」
 顧客の利便性を最優先した立地選定
 「ワォー!」をお客様を感嘆させる店づくり
 お客さまの買う気を誘う売場レイアウト
 買物時間10分で済む「四つのゾーニング」
 陳列のポイントは「三つの原則」
 陳列方法を決める「八つの法則」
 人間心理を突いた陳列の実際
 レジ前陳列の上手な店は売上が四割も高い
 価格はエブリデー・フェアプライス戦略で決める
 顧客は価格の「見やすさ」を求めている
 品揃えは「なら屋づくり」がコツ
 広告戦略の「三つのポイント」
 販促プログラムの「五つの目的」
 全米19カ所の配送センターが物流のキーポイント
 衛星ネットワークで情報を結ぶハイテク武装
 インターネット販売による利便性の提供
 顧客と従業員の犯罪防止

【第五章】ウォルグリーンが求める人材と社員の「誇り」
 カスタマーサティスファイヤーが採用条件
 店長たちの「生の声」
  ・オハイオ州コロンバス地区/イアン・リウ店長
  ・イリノイ州シカゴ地区/ペギー・レオナルド店長
  ・テキサス州オースチン地区/アルマ・アルバラド店長
  ・イリノイ州リバティビル/トム・ギリランド店長
  ・バージニア州ノーフォーク地区/キース・ジャコブセン店長
  ・オクラホマ州タルサ地区/クリスティーン・レーバー店長
  ・オクラホマ州タルサ地区/ジェイソン・ヘインズ店長
  ・バージニア州バージニアビーチ/マイケル・ファーマー店長
  ・テキサス州オースチン/モニカ・リッチ店長

【第六章】フィリップ・P・バージェス氏の講演
 顧客の利便性を徹底追求して、長期間連続増収増益
 サテライト(衛星)を使った情報テクノロジー
 ウォルマートに対抗する商品・価格・人材の三位一体

【第七章】日本のドラッグストアはウォルグリーンを超えられるか
 OTCの自由化で業態間競合がさらに激化
 勝ち残るドラッグストアの「九つの絶対条件」

おわりに

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須