トップ > 書籍  > 生涯うなぎ職人 二百年続く老舗『野田岩』の心と技

生涯うなぎ職人 二百年続く老舗『野田岩』の心と技

生涯うなぎ職人 二百年続く老舗『野田岩』の心と技

金本兼次郎

四六/208ページ/ISBN 978-4-7855-0405-2/2011年6月23日発売

定価 1,543円(税込)

商業界で購入する

内容紹介

「職人として技術を磨き、若い世代に伝えていくこと。商人として正しく商い、店を損得ではなく運営すること。経営者として従業員を育て、店の将来を考えること。これらはすべて、回り回ってお客さまのためになることです。」(第一章 より)

職人気質の父、接客上手な母、苦楽を共にする弟子・・・
現代に必要な人材育成のすべてがここにある

ミシュランガイド東京2011年版で一ツ星を獲得した老舗のうなぎ屋「野田岩」の五代目、金本兼次郎氏の「生涯職人」という生き方からその心と技を学ぶ


目次

生涯うなぎ職人 二百年続く老舗「野田岩」の心と技 目次


プロローグ 生涯職人、人生はこんなに楽しい

第一章 頑固なまでにこだわって

 ・寛政年間から二〇〇年続く老舗
 ・いつの世も、うなぎは庶民のご馳走
 ・「老舗の味」とは何か?
 ・こだわっていること、大切にしていること
 ・美味しいうなぎを手に入れるには
 ・うなぎとワインの意外な共通点
 ・伝統を守りながら革新する
 ・職人として、商人として、経営者として
 
第二章 父の背に学ぶ職人としての生きざま

 ・自転車で東京を駆けた少年時代
 ・父の言葉で救われた命
 ・お客さまが一人も来なかった日
 ・出前は時間どおりが野田岩の伝統
 ・買い付けは商売の基本
 ・五感を駆使して父に学んだ調理法
 ・天然うなぎが手に入らない!
 ・父が諭すようにつぶやいた一言

第三章 母が説いた商人としての心意気

 ・野田岩なんて店は知らない
 ・商人として必要な謙虚さ
 ・人を育てるということ
 ・野田岩を陰から支えた、母の珠玉の助言
 
第四章 先の見えない時代だからこそ

 ・二〇〇〇人の同友を目の前にして
 ・新しい時代に向けた大きな一歩
 ・老舗の殻を破った真空パック
 ・選び、選ばれる関係を築く
 ・経営にばかり目を向けていると……
 ・後継者がいないのは誰のせい?
 ・取引先との円満な関係が店を救う
 ・うなぎの値段を決めるのは旦那?

第五章 次代を担う人材を育てる

 ・時代と共に変わる若者たち
 ・ピンチをチャンスにできるかどうか
 ・それぞれの能力に合わせた指導
 ・仕事に喜びを、人生に楽しさを
 ・人に「訊く」ということ
 ・投資なくして人は育たず
 ・なぜ人を育てるのか、改めて考える
 ・従業員と共に人生を歩む

第六章 人間として、教養人として

 ・一流を知る仲間との出会い
 ・お客さまをご紹介いただく幸せ
 ・日本初のハーフボトルが大ヒット
 ・ついにあの本物に出会う旅
 ・フランスで「食べる」ということ
 ・個性あふれるワインのつくり手たち
 ・人格をつくるということ

【同友の証言】高知パレスホテル会長 吉村泰輔
 穏やかさの向こうに隠された火傷しそうに熱い情熱


エピローグ これからもお客さまと共に

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須