トップ > 書籍  > 実践版「チーム・マーチャンダイジング」

実践版「チーム・マーチャンダイジング」

実践版「チーム・マーチャンダイジング」

金田正裕

A5/184ページ/ISBN 978-4-7855-0403-8/2011年5月30日発売

定価 1,728円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

実践版「チーム・マーチャンダイジング」 目次


はじめに

第1章 もう一度、商品をやろう!
 
 ・お客が満足する「地域と季節と商品」の一致
 ・驚いた駐在バイヤーの発言
 ・危険なMDパターンの硬直化
 ・MD力は昔より低下?

第2章 MDの現場をのぞいてみよう、
    そして事実を確認しよう!

 ・バイヤーの名刺事件
 ・チーフバイヤーの悩める生の声!
 ・MD活性化の最初の一歩は、「現状」を正確に掌握
 ・異質の反応に驚いた大手GMSバイヤー
 ・真摯な姿勢が大切
 ・何を学び、何を考えるか
 ・仕入とMD〜これからの世界〜
 ・ある大手GMSチーフバイヤーの生の声
 ・永遠に変わらない基本的な課題

第3章 チームMDを活かした「MD研究会」がなぜ必要か!

 ・3つの事例に学ぶ〜これっておかしくありませんか?
 ・チームMDを活かした「MD研究会」の必要性
 ・学んできたMDの不十分な情報活用の限界とギャップの克服策

第4章 「MD研究会」を支える「共通の言語」

 ・製配販が「同じ目線で考える」ことが大切
 ・「共通の言語」を開発
 ・「MMD」の開発経過

第5章 改めて考える「MD」とは?

 ・MDとは何か?
 ・MDはプロセスから成り立つ構造を持つ
 ・MDの目的は「付加価値の創造」
 ・付加価値創造の入口に位置するMD研究会
 ・バイヤーとメーカー・卸売業の共通認識
 ・年間計画の重要性を再認識しよう

第6章 精度の向上が求められる「MD提案書(上級編)」の作成法

 ・MD提案書(上級編)を作る前に
 ・「ポテトサラダキット」のMD提案事例に学ぶ
 ・Y店でのポテトサラダキット商品のテスト導入
 ・残念なMD提案書
 ・MMDでの検証
 ・HPDでの検証
 ・年間版「MD提案書のA−表」の作成

第7章 MMDで「地域No.1商品」を創ろう!

 ・外食のMDから学ぶ
 ・お客の高い支持を頂くハンバーグ
 ・こだわりの手ごねハンバーグの6つの軸
 ・最近(2007年)の動向と判明した貴重なMD基準
 ・売場と販促企画の状況
 ・工場製造型商品が持ち合わす新しい付加価値の創造
 ・レポートから読み取る学生の評価
 ・MD−1と2と3での評価

第8章 初心者向けレベルアップ部会の運営

 ・MD研究会に参加する企業の不安と成功への道
 ・初心者に向けた「レベルアップ部会」設営の目的
 ・初心者向けレベルアップ部会のアクションプラン
 ・大切な企業として目指す思いと実績効果を報告
 ・初心者はこのレベルから

第9章 独自のMD基準で進化したMD内容に

 ・全能ではないPOSの2つの不可能
 ・オリジナリティあるMD基準を持とう
 ・企業内ゼネラリストの役割も重要

第10章 「商品MD」と「企画MD」が結合する新しいパラダイム転換

 ・企画MDをもっと科学する
 ・企画MDも事実確認の目線を重視しよう
 ・単品を集めた集合企画のMDをもっと科学する
 ・企画MDの再定義の方向性

第11章 「MD研究会」をスタートさせよう!

 ・「MD研究会」の前に社内で確認すること
 ・「MD研究会」の計画作成と実行
 ・「MD研究会」スタートの要点

【キーワード解説】

 ・チーム・マーチャンダイジング(チームMD)と「MD研究」
 ・POSデータの開示提供
 ・マーチャンダイジング(MD)
 ・マルチデータ・マーチャンダイジング(MMD)
 ・「上級〜中級〜初級」の活用分け
 ・「商品MD」と「企画MD」
 ・ハイパードクター(HPD)

おわりに

内容紹介

やってみて・学んで・分かった
「あなたもできるMD革命」

本書は、実践的なMDの構築や情報化技術の最先端の活用法を成果にした内容となっていますので、MDを実践されている方にも経営トップの方にも手にしていただきたいと思います。スーパーマーケット企業だけでなく、メーカーや問屋そして商社の方、販売促進企画やマーケティング関係の方、システム関連の方等、多くの方にお読みいただけると有難く存じます。(はじめに より)

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須