トップ > 書籍  > コミュ力

コミュ力

コミュ力

松村清

A5/224ページ/ISBN 978-4-7855-0395-6/2011年2月24日発売

定価 1,728円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

コミュ力 目次


はじめに


【第1部 コミュニケーションとは】

第1章ビジネスの場でのコミュニケーションの目的と必要性

 ①コミュニケーションの目的
  1 コミュニケーションとは伝達すること
  2 究極の目的はいい人間関係をつくること

 ②企業の永続的成長に欠かせない5つの責任とコミュニケーション
  1 お客さまに対する責任
  2 従業員に対する責任
  3 取引先に対する責任
  4 地域社会に対する責任
  5 株主に対する責任

第2章コミュニケーションのメカニズム

 ①コミュニケーションの3要素
  1 エトス(Ethos=信頼):信頼性訴求
  2 パトス(Pathos=感情):共感性訴求
  3 ロゴス(Logos=論理):論理性訴求

 ②コミュニケーションに欠かせない3つのウエア
  1 3つのウエア
  2 「感じる脳」と「思考する脳」
  3 一流営業マンに共通するもの
  4 コミュニケーションを成功させる5ステップ

第3章コミュニケーション上手になるために

 ①コミュニケーションのコツ
  1 コミュニケーションは言葉のキャッチボール
  2 コミュニケーションは説明力ではなく説得力
  3 コミュニケーションは五感を駆使して

 ②誰でもコミュニケーション上手になれる
  1 劣等感、弱点を克服したい強い意志から道は開ける
  2 できないとあきらめず、できると信じる
  3 いつまで上手になるか期限を決める
  4 肩の力を抜いて波長を合わせる
  5 コミュニケーション上手になるための9つの力

 ③コミュニケーションレベルをチェック
  1 コミュニケーションレベルを自己評価
  2 あなたは何点?強化するべき点が見えてくる

【第2部 実践的コミュニケーション術】

第1章ヒューマンウエア(信頼性訴求)

 ①外見性
  1 ビジネスマナー「ASGNPTC」を身につける
  2 第一印象は服装と身だしなみで決まる(Appearance)
  3 すてきな笑顔はあなたの付加価値を高める(Smile)
  4 良い挨拶は最低限のマナー(Greeting)
  5 正しい敬称と敬語でスムーズに
  6 名前で呼ぶことで壁を取り払う
  7 形式にこだわるより情熱を見せる(Passion)
  8 感謝の気持ちが相手の心を動かす(Thanks)
  9 プラスワンのフォローアップが次につながる(Care)
 10 約束は必ず守ることで信頼感を高める
 11 「聞く」ではなく「聴く」に徹する
 12 元気な人、さわやかな人の印象を与える

 ②類似性
  1 好意の返報性を活用
  2 類似点を見抜いて距離を縮める
  3 自己開示で共感を誘う
  4 ペーシングで良好な人間関係をつくる
  5 同調効果で「イエス」を引き出す
  6 「我々」「あなた方」で協調意識を高める

 ③近接性
  1 会うほどに好意を持つ(ザイアンスの法則)
  2 インフォーマルコミュニケーションで心を開く

 ④相補性
  1 一目置かれる得意分野を強みに
  2 否定せず、意見は意見として尊重する
  3 欠点を指摘せず、長所を褒める

第2章ソフトウエア(共感性訴求)

 ①表現方法
  1 非言語パワーを有効活用
  2 声のトーン、話し方が大きく影響する
  3 正論でも一方的な押しつけはタブー
  4 選択肢を用意して選択権を与える
  5 ビジュアルなイメージが浮かぶ表現を
  6 事例、数字、比喩を盛り込むと理解が深まる

 ②好印象を与える位置関係と姿勢
  1 位置関係と距離の法則
  2 立ち位置や姿勢が印象を左右する
  3 手の位置で印象が変わる

 ③相手に合わせたアプローチ
  1 相手のことをよく知る
  2 ニーズを知り聴きたくなる状況を作る
  3 性格、タイプに合わせてアプローチ
  4 ボディランゲージから心理を読み取る

 ④心を開かせるコミュニケーション
  1 人間的魅力を磨く
  2 相手に分かる言葉で話す
  3 自尊心を傷つけない言い回し
  4 間違いは認め、謝罪すべきは謝る
  5 表現の工夫で、魅力ある数字に置き換える
  6 相手にとってのメリットを強調
  7 プラスワンの一言が有効
  8 初対面の人とはリフレクティング(反射)会話
  9 返事が引き出せる質問を
 10 忙しい人に時間を割いてもらうコツ
 11 感動が感動を誘う
 12 共感が共感を呼ぶ
 13 ネゴシエーターの交渉術を応用

第3章ハードウエア(論理的訴求)

 ①論理的に話を進める5つの法則
  1 5W2Hを踏まえて話を組み立てる
  2 アイスブレークで緊張をほぐす
  3 論理的な話し方の基本は「CRF法」
  4 プレゼンテーションは「PREP法」が効果的

 ②相手を納得させるテクニック
  1 「イエス」と言わせるアサーティブな態度
  2 相手を巻き込むと意見が通りやすい
  3 「イエス」と言わせる「一貫性の原理」
  4 相手がビジュアル化できるよう具体的に説明する
  5 「威光効果」を活用
  6 キーワードを繰り返す
  7 両面表示が効果的なこともある
  8 賛成意見は結論から、反対意見は理由から
  9 断りは「DESC話法」で
 10 反論には「クッション話法」で
 11 依頼はモチベーションを高める言い方で

 ③行き違いや誤解を防ぐために
  1 伝えたいポイントを番号化、記号化
  2 「ホウ・レン・ソウ(報・連・相)」を徹底
  3 指示や伝達は客観的かつ具体的に
  4 打ち合わせや終了後はバックトラッキングを

 ④商談をスムーズに成立させる手法
  1 「AIDAO」を活用
  2 魔法のクロージング 「Ask if(もし…だったら)」

第4章良好なコミュニケーションのために

 ①スマートなコミュニケーション
  1 聞きにくいことをスマートに聞く
  2 言いにくいことをスマートに言う
  3 スマートな苦情の言い方
  4 スマートな断り方
  5 スマートなお詫びの仕方
  6 スマートなクレーム対応
  7 スマートな叱られ方
  8 スマートに提案に反対する
  9 苦手な人とのコミュニケーションのとり方
 10 外国人とのコミュニケーション

 ②男女差を踏まえたコミュニケーション
  1 男性から女性へのコミュニケ―ション
  2 女性から男性へのコミュニケ―ション
  3 女性の褒め方

 ③上司と部下のコミュニケーション
  1 社内の人の呼び方と言葉遣い
  2 年上の部下とのコミュニケーション
  3 褒めて動かす
  4 効果的な叱り方
  5 権限の委譲
  6 三度のルール
  7 反対している人に賛同してもらいたい場合
  8 スマートな感謝で好感度が高まる

 ④顔が見えないツールでのコミュニケーション
  1 電話でのコミュニケーション
  2 Eメールでのコミュニケーション

【コミュニケーションを上手に取るための役立ちツール】

■特別付録■ 
血液型別 長所と短所
コミュニケーションに役立つ県民性とお国自慢


おわりに

内容紹介

仕事で失敗する原因の80%は、コミュニケーション力=伝達力不足といわれています。本書では、著者が日米のビジネス界で培った「コミュニケーション力とは何か」を紐解きながら、良好な人間関係づくりで仕事をスムースに進めていく考え方と技術を詳解しています。日米で多彩なビジネスに関わる筆者 松村 清 が経験を踏まえたコミュニケーション向上のコツを伝授!

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須