トップ > 書籍  > 漫画飲食店繁盛のための分煙術

漫画飲食店繁盛のための分煙術

漫画飲食店繁盛のための分煙術

B5/128ページ/ISBN 978-4-7855-0394-9/2011年1月26日発売

定価 1,296円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

漫画飲食店繁盛のための分煙術 目次


はじめに

【Chapter1】店頭表示
 「ええー!!この店吸えないの!?」
 と言われる前に……

【Chapter2】時間帯分煙
 「朝の一服はがまんしても夜は恋しくなるんだよね〜」
 事例:プロント イルバール 丸の内オアゾ店(東京・千代田区)

【Chapter3】仕切り分煙
 一つ屋根の下、たばこの煙だけ分断!

【Chapter4】接客による分煙
 席が埋まったら臨機応変にやるしかない!
 事例①:炭火串焼厨房 くふ楽 銀座一丁目店(東京・中央区)
 事例②:カプリチョーザ 六本木ヒルズ店(東京・港区)

【Chapter5】最新機器による分煙
 完璧にしてみせます!お客様満足のためにって?
 事例:グッドモーニングカフェ(東京・渋谷区)
 ワンポイント法令解説:神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例

【Chapter6】空気清浄機による分煙
 下町グルメ繁盛店の「身の丈に合った」対策

【Chapter7】商業施設の分煙
 われわれテナントの努力だけでは限界があります!
 事例:コレットマーレ(横浜市)

エピローグ


【分煙トーク】
 5人の外食トップが語る快適な分煙環境
 ・バルニバービ 代表取締役CEO 佐藤 裕久
 ・浜倉的商店製作所 代表取締役 商店製作長 浜倉 好宣
 ・銀座ルノアール 代表取締役社長 小宮山 文男
 ・マツオ 代表取締役 松尾 建二
 ・ダイワエクシード 代表取締役社長 河下 隆博

【データ集】
 飲食店とたばこの関係
 神奈川条例が飲食店に及ぼす影響

内容紹介

たばこを吸うお客さまにも
吸わないお客さまにも配慮した
お店づくりが繁盛のための第一歩になる!


神奈川県のように、喫煙環境を規制する条例が施行され、飲食店の売上げに対してマイナスの影響を及ぼしている地域も散見されます。たばこを吸う人、たばこを吸わない人が、一緒に楽しめる飲食店の環境対策がまさに重要となっています。本書では、わかりやすい漫画や、飲食店のケーススタディを通じ、こうした環境づくりの取り組みを解説しています。喫煙環境が大きく変化する中で、飲食店にとって必須の一冊といえます。

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須