トップ > 書籍  > 卸売業復権への条件

卸売業復権への条件

卸売業復権への条件

宮下正房

四六/224ページ/ISBN 978-4-7855-0371-0/2010年8月25日発売

定価 1,543円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

【第一章】 近年における卸売機構の変革と課題

第一節 小売業・卸売業の加速的減少時代
・小売機構の変化と課題
・卸売事業所も減少へ
・この節のポイント

第二節 卸売構造の日本的特質と変革
・商品別分業体制の変革
・商品圏・機能別分業体制とその崩壊
・卸売業界の寡占化と大変革期へ
・この節のポイント

【第二章】 日本の卸売業の二つの存在基盤

第一節 日本の消費者の購買行動特性と卸の存在基盤
・消費者の多頻度小口購買
・生鮮流通と卸売業
・この節のポイント

第二節 日本的取引慣行と卸の存立基盤
・卸の役割は価格維持か
・卸売業界全体での取り組みを
・この節のポイント

【第三章】 問屋パワーの史的源泉と日本型流通システムの特質

第一節 日本の商品流通と問屋の原点
・問職、問丸の登場
・江戸時代の流通と問屋
・この節のポイント

第二節 日本型流通システムの形成と問屋の立場
・代理店卸、特約店卸の発生
・日本型流通システムの特徴と課題
・この節のポイント

【第四章】 流通革命と卸売業への影響

第一節 スーパー資本の挑戦と流通変革
・スーパーマーケットの一大成長と挫折
・ウォルマートからの教訓
・この節のポイント

第二節 「問屋無用論」の衝撃と卸売経営の対応
・問屋無用論の警告
・問屋無用論への対応策と効果
・この節のポイント

【第五章】 卸売業の組織化、集団化の実状と課題

第一節 流通近代化政策とボランタリーチェーンの再生
・流通近代化政策の狙いと方向
・ボランタリーチェーンの狙いと発生動機
・ボランタリーチェーンの盛衰と期待
・この節のポイント

第二節 卸商業集団化の推進と課題
・高度化資金活用と郊外集結
・卸商業団地の課題と活性化の方向
・この節のポイント

【第六章】 消費者志向型卸売経営への二つの条件
      〜卸売業のマーケティング戦略と流通チャネルの再設計〜

第一節 消費者志向型卸売マーケティング戦略の方向
・チャネルリーダーの交替基本要因
・卸売マーケティングの五つの条件
・この節のポイント

第二節 消費者志向型チャネルの再設計
・消費者価値の二面性
・流通チャネルシステムの再設計
・この節のポイント

【第七章】 卸売業のマーチャンダイジング戦略と商品力強化

第一節 卸売業の商品力
・小売志向型マーチャンダイジング
・卸売業の三つの商品力
・この節のポイント

第二節 商品組み合わせ力強化の方向
・総合化マーチャンダイジング路線の方向
・これからの専門化路線
・この節のポイント

【第八章】 卸売経営の最重点戦略
      〜リテールサポート戦略の方向〜

第一節 リテールサポート活動の意義と主な戦略内容
・目標はリテールサポートサービスカンパニー
・五つのリテールサポートメニュー
・インストアマーチャンダイジングの概念
・この節のポイント

第二節 事例に学ぶリテールサポート活動の実際と方向
・国分のリテールサポート活動
・菱食のリテールサポート活動
・中央物産のリテールサポート活動
・大木のリテールサポート活動
・そのほか有力卸売企業のリテールサポート活動
・この節のポイント

【第九章】 地域密着型卸売業の活路
      〜連携と共同化事業〜

第一節 地域密着型卸売業の新たな役割
・プラスの連鎖へ
・政府の期待〜卸売・小売連携で個店商業の活性化を〜
・この節のポイント

第二節 地域密着型卸売業同士の連携組織
    〜事例:サプリコの研究〜
・地域密着型卸売業・秋葉商店が直面する業界環境
・サプリコの戦略
・この節のポイント

【第十章】 卸売業復権への二つの命題

第一節 命題一…卸売経営と「イノベーション」
・ドラッカーの名言
・卸売業のイノベーション五つの方向
・この節のポイント

第二章 命題二…卸売経営と「人材育成」
・この節のポイント

内容紹介

日本の卸売業研究第一人者による
卸復権のための理念と行動指針

かつてない厳しい経営環境下、
復権の最大条件は人材にあり!

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須