トップ > 書籍  > サム・ウォルトンと倉本長治

サム・ウォルトンと倉本長治

サム・ウォルトンと倉本長治

石原靖曠

新書/192ページ/ISBN 978-4-7855-0370-3/2010年5月25日発売

定価 1,296円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

はじめに

【第一部】倉本長治、商人哲学の提唱者
 
[第一章] 生活者から見た「店は客のためにある」
 業界用語を超えた名言
 自由の国で発見した「店」の役割
「選択」の豊富さが自由をつくる
 米国の小売業態の多様性
 己の役割を明らかにする
 小売業は変化対応業

[第二章] サプライヤーから見た「店は客のためにある」
 捌け口だった小売業
 支配と被支配の逆転
 サム・ウォルトンの革命的提案
 直立統合から並列調和へ
「店」は店のみにてあらず

[第三章] 店側から見た「店は客のためにある」
「お主も悪よのう」
 時代と共に変化する「店」
 誰にとっての「良い店」なのか?
 良い店の三つの要素
 店は「手段」にあらず

[第四章] 店員と共に栄える
 最も身近なお客は従業員
 人材こそ付加価値の源泉
 日本のパート・アルバイトの問題点
「新商人」の活躍に期待

[第五章] ファミリー経営こそ最適経営
 全員参加の経営が理想
「サムは俺の友だちさ」
ファミリー経営の本質
店主はファミリーの家長

[第六章] 店主と共に滅びる
 お客は店主の本心を見通している
 従業員も店主の本心を知っている
 店は店主によって滅びる
 商人哲学の提唱者と実践者の共通項

【第二部】サム・ウォルトン 商人哲学の実践者
 
[第一章] いかに弱屋の役に立つか
 田舎町からの出発
 弱者への思い
 サムの成功四カ条
 スーパーセンターへの結実

[第二章] アソシエートがすべて
 従業員から仲間へ
 全員が経営者という意識
 心が通じ合ってこそ仲間
 年次報告書に記された感謝の言葉

[第三章] 業態変革期を的確に捉える
 EDLPへの挑戦
 バイ・アメリカ運動への取り組み
 商人としての鋭い嗅覚

[第四章] 今も生き続けるサムの哲学
 後継者たちの実践
 受け継がれる創業者の哲学
 世界へ広がるサムの思想

[第五章] サムの遺した名言に学ぶ
 最後のスピーチ
 サム・ウォルトン名言集

[第六章] 受け継がれるサムの商人哲学
 サムの哲学を最も理解する男たち
 サムを知らないCEO
 使われ続ける質素な社長室
 さらなる「最高」を目指して

内容紹介

世界最大の小売企業の本質

店は客のためにあり、店員と共に栄え、店主と共に滅びる

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須