トップ > 書籍  > 小さくても元気なお店 繁盛店の教訓

小さくても元気なお店 繁盛店の教訓

小さくても元気なお店 繁盛店の教訓

たかはたけいこ

B6/224ページ/ISBN 978-4-7855-0338-3/2008年12月12日発売

定価 1,728円(税込)

商業界で購入する

内容紹介

自ら婦人子供服のブランドを手掛ける著者が、全国の得意先をまわるなかで、仰天し感動し納得した繁盛の秘訣を37事例で詳解。

目次

小さくても元気なお店 繁盛店の教訓

【目次】

はじめに

1. 決して背伸びをしない 身の丈で勝負する
2. 母親のようにスタッフを信頼する心が相手の信頼を生む
3. 火事場のクソ力 必死さが相手に伝わると道は開かれる
4. 地域社会の人を巻き込む 自ずと新しいコミュニティが生まれる
5. 商店街はシャッターが閉まっている店をつくらない イメージも活力もアップする
6. シンプルに考える 自分が売りたいと思えるものだけ売る
7. 根気強く自分の世界観を表現していけば人の集まる場所ができる
8. 人とのつながりを大切にする行動すれば、人が集まってくる
9. 次世代へのバトンタッチを機会に信念を変える
10.人間心理をつけば成り立つお店ができる
11.商店街の仲間同士で切磋琢磨すると地域の活性化を生む
12.試練も新たな発想を生む糧とする 基本はお客さまに喜んでもらいたいという気持ち
13.走るすぎない 充電をすることにより新たな発想も生まれる
14.上手なイベントがファンをつくりリピーターを呼ぶ
15.家族のために信念を持って商売するのが継続の秘訣
16.問題点はまとめて解決しようとしない 小さな積み重ねが利益につながる
17.他人を信じきれるのも才能 信じた人が応えてくれるのは運
18.自信の持てる目利きになる 自信がお客さまを納得させる
19.苦境も気持ちひとつで変わる モチベーションアップは本人次第
20.働く人の「夢」をかなえる土壌をつくる
21.夢を実現させても次の夢を見ることが大切
22.自分の城を大切にする気持ち それが大事
23.基準は「自分」が顧客をつくる ブレないことが顧客の信頼を得る
24.データ作成は活用する前は経費 活用すれば売上げにつながる
25.売場では自分を演じきる それがお客さまを呼ぶ秘訣
26.「真面目で素直」 それは繁盛店の必須条件
27.共同経営にお互いの甘えは禁物 ほどよい緊張感を保つこと
28.お店をやりたい! 時には意地も大切
29.グループ経営はあまり気張らない 欲も出しすぎない
30.お客さまが必要な商品、必要なサービスで店を続ける
31.ネットワークはなんでも利用する 特に身内は遠慮なく
32.生きがいとして商売を続けられるのが理想
33.夫婦仲の良さは繁盛店の要件
34.あふれている情報源はすくい取って選別、活用する
35.固定概念を振り払う勇気が新たなビジネスチャンスを生む
36.誠実なビジネス対応がファンをつくり、支援を呼ぶ
37.繁盛店の基本 徹底地元顧客主義

あとがき

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須