トップ > 書籍  > 漫画 となりのクレーマー(基本編)

漫画 となりのクレーマー(基本編)

漫画 となりのクレーマー(基本編)

A5/196ページ/ISBN 978-4-7855-0335-2/2008年10月22日発売

定価 1,296円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

【目次】
はじめに
第1話:毛皮に虫食い
第2話:ワイン袋のチラシ
第3話:えせ食中毒と対応違反
第4話:アイスクリーム売場の不良社員
第5話:黒のオーダーシャツ
第6話:とび職ケンちゃん
第7話:詐欺師
第8話:河内のおっさん
第9話:三大苦情で失った顧客
第10話:やくざと宝石
あとがき

<筆者略歴>
関根 眞一 せきね・しんいち(苦情・クレーム対応アドバイザー)
メデュケーション(株)代表取締役

 1950年埼玉県越生町生まれ。西武百貨店入社。全国3店舗のお客様相談室長および池袋本店お客様相談室を担当。大きな苦情やこじれた苦情、クレーマー対応などを専門に担当し、在社中に1300件以上のクレームや苦情を処理した実績を持つ。
 2003年同社を退社し、歯科技工社、NPO法人歯科医院審査機構事務局次長を経て、メデュケーション株式会社を設立。現在もアドバイザーとしてクレーム、苦情対応の第一線に立ち、処理実績は08年春に2000件を突破した。夕刊紙などにコラムを連載するほか、テレビ、ラジオへの出演多数。講演は、省庁、大学、病院、司法書士会、歯科医師会、市役所、一般企業等、医療から教育などさまざまなジャンルの団体にて実施、全国を飛び回っている。
 著書に『苦情学』(恒文社)『となりのクレーマー』『ぼくが最後のクレーマー』(中公新書ラクレ)『歯科版・医療安全』(メデュケーション出版)がある。


内容紹介

苦情・クレーム対応の第一人者、関根眞一氏の実話をマンガ化。
2,000件以上の苦情対応で得た知識と技術が、臨場感あふれるマンガで分かりやすく学べる!

各話の末尾に解決のポイントを文字解説でまとめ、1初動、2対策、3解決の三段階で解決の流れを確認できる。

現場で実際に起きた実例をマンガで分かりやすくビジュアル化しており、教育・研修用の教材としても活用が可能。
苦情客を顧客に変える、心理対応の極意が身につく決定版!

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須