トップ > 書籍  > 微笑佛

微笑佛

微笑佛

捧賢一

A5/303ページ/ISBN 4-7855-0302-5/2006年10月20日発売

定価 2,880円(税込)

目次

ホームセンターコメリの会長、捧賢一氏が、商いを通じて感銘を受けた人・事件・自然を題材にした、初の短歌集。
棒会長の歌う31文字の中に、小売業の流転とチェーン経営者の思考がうかがえます。

捧さんは「微笑佛」です
じつに威張ったところのない
お顔です
いつもみずみずしい
光の匂いがある

この人の 大きさ よろし
故郷への愛 大へんよろし
生きものへの愛深く よろし

伊夜日子の
山を映して流れくる
神おわすかや
信濃川には

ここに在るのが、彼の本質です
         宗 左近

日暦の残る一枚捨てされば
新しき世に真向かいており

グラスの夜日本の歌を弾きくれし
美しきひとに乾盃をせり

上場の認可をされたる佳き日なり
弥彦の御山夕陽かがやく

夜の列車窓に映れる己が顔
しみじみと見る己が顔なり

ゆく年の鐘つき終えて見あぐれば
老松凛とかがり火に佇つ

内容紹介

ホームセンター企業「コメリ」の会長、捧賢一氏が、商いを通じて感銘を受けた人・事件・自然を題材にした初の短歌集。棒会長の歌う31文字の中に、小売業の流転とチェーン経営者の思考がうかがえます。

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須