トップ > 書籍  > バイヤーの常識

バイヤーの常識

バイヤーの常識

上保陽三

新書/228ページ/ISBN 4-7855-0267-3/2005年4月14日発売

定価 1,080円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

内容紹介

"常識シリーズ"の第5弾。商売の根幹を担う「仕入れ」の基礎知識。商品を通して顧客満足を追求し、生産性を上げることがバイヤーの勤め。その原理原則、常識を企業環境の変化の中で捉えたテキスト。利は仕入れ力にあり!

目次

はじめに
第1章 1月:新年最初の業務命令で商品部へ移動、「誓いの言葉」で決意する
  心を守り、心を鍛えよ
  正しい見方で正しく考えよ
  一般から専門化へ、専門化から一般化へのスイング
  他
第2章 2月:人口動態を理解し、判断する
  ライフステージ別に人口動態を考える
  市場規模の把握
  2月のまとめ
第3章 3月:消費者の購買動機の原点
  人の行動を考える
  人間の行動とマズローの理論
  マズローの欲求の階層を上がると
  他
第4章 4月:マーチャンダイジング(MD)をお客の立場で理解する
  もしもあなたが顧客ではなく、販売員やバイヤーなら
  MD活動は投資活動である、在庫投資額にも着目せよ
  顧客の立場での商品分類
  他
第5章 5月:品揃え計画の基礎理論
  品揃えの基本原則
  広さと深さ、4つの組み合わせ
  品揃えの深さと広さを決定する要因
  他
第6章 6月:商品部、バイヤーの数値責任と職務内容
  バイヤーの数値責任
  商品生産性とは
  商品生産性を仕事の目標とすれば
  他
第7章 7月:売価決定の原則
  価格決定の原則として知っておくべきこと
  消費者から見た価格
  示唆に富むペニーの公式
  他
第8章 8月:棚割の手順と方法
  品種と品種の組み合わせを考える
  使う商品品種を羅列する
  主役品種と支援品種に分けると
  他
第9章 9月:バイヤーに必要な基礎計数
  年間の金額による商品管理計画から商品生産性を計算する
  商品生産性を計算する
  商品回転率そして在庫日数
  他
第10章 10月:バイヤーに必要な基礎計数
  ステープルストックの理論フェイス数を考える
  理論発注数量と最大在庫数量
  安全在庫数量を考える
  他
第11章 11月:季節を考慮した販促企画の立て方と特売の組み方
  生活感のある四半期企画を作るために
  特売を企画し、売りながら売買差益高を確保する
  11月のまとめ
  他
第12章 12月:経営理念の源「心を守り、心を鍛えよ」
  正しい商売
  心を守れ、心を鍛えよ
  正しいことを聞き、考え、実践する

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須