トップ > 書籍  > 商人という生き方

商人という生き方

商人という生き方

倉本初夫

四六/180ページ/ISBN 4-7855-0210-0/2005年7月7日発売

定価 1,646円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

目次

はしめに…商いの真実のために
  お客は本当に神様なのだろうか
  店の効率はお客様にとっては非効率
  「安さ」を売ってはいけない理由
  「安売り」は商いの正しい道なのか
  小さい店ほど可能性がある
  商人という生き方の誇り
  小売りの革新は地方から始まる
  商いの道は人生の道
  生産者は一品に命を込める
  スキ間が「ホン間」になる
  お客に知らせない罪
  不可能の中にこそ未来がある
  不可能を可能にするには
  言葉の乱れが文化を変える
  商人を過らせた軍事用語
  カリスマ時代の終焉
  「個」の時代の始まり
  愛に生きる商いの道
  愛・真実・利潤の三位一体
  「平和」は商人のキーワード
  「越える」勇気を 未来への遺言
おわりに…星空の彼方へ

内容紹介

商業界主幹・倉本初夫による、小売業に携わるすべての人々に贈る珠玉の金言集。愛のある商いと明日への精神がここにある。商いの真実を求める「商人のための人生の書」として全国の商業者必読。

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須