トップ > 月刊誌 > 2016年9月号 食品商業

食品商業 2016年9月号

2016年9月号

食品商業

  • 今月号では、SMの基本から最近の傾向までを徹底特集。SMの機能が「食材」提供から「食事」提供に変わっているといわれる中、基本的な知識にとどまらず、「変わるMD」と今後の方向性までを解説します。そのほか、惣菜への需要の高まりと少子高齢化による人手不足と売上の減少の問題を同時に解決する鍵となる「冷凍食品」を強化している企業について紹介。簡便対応の「キット食材」や秋冬に向けた商品提案も特集します!

04569-09/2016年8月12日発売

単冊購入 定価 1,317円(税込)

年間購読(単冊と同時購入できません)

目次

■■メッセージ「何のために行動するのか」



■■【総力特集】「食材」提供から「食事」提供に変わる

スーパーマーケットが分かる! 2016年版

◇第1部 プロローグ

 変わるスーパーマーケットの社会的機能 〈編集部〉

◇第2部 部門を理解しよう

・青果:売場の先頭で店のイメージを形成、「カット商品」「加工商品」の重要性高まる 〈榎本博之〉

・鮮魚:店舗の強さを示すバロメーター、徐々に「素材」から「簡便・惣菜」への変化も 〈堀内幹夫〉

・精肉:料理用途別商品化への移行と調理済みの商品の増加が顕著 〈月城聡之〉

・惣菜:人口構造の変化でニーズは拡大中 今後は夕食のディナー化と朝食の深掘りを〈山岸昭一〉

・日配:利益頭だからこそロス管理が肝、ロングライフ化と高付加価値に挑戦中 〈城取博幸〉

・グロサリー:メーカー品が主体の「賞味期限」商品、付加価値を付けた商品化が積極化〈近藤 智〉

◇第3部 関係性を知ろう

・業界勢力図&SM主要プレーヤー

 上位20社の横顔とSM企業相関図 〈編集部〉

・ワールドスーパーマーケットトレンド

 オーガニックとフードサービスに注目 〈編集部〉

◇第4部 流通過程を見よう

・青果:卸売市場での競りがメイン調達ルート、国内産地と生産量の減少にどう備えるか 〈代田 実〉

・鮮魚:産地・消費地市場経由がメインだが産地からの直接調達も増加 〈堀内幹夫〉

・精肉:と畜後、多くがメーカーを経由して店に 今後は単なる「販売」から「調理・加工販売」へ 〈月城聡之〉

・惣菜:原材料から加工段階まで考慮し効果的な仕入れを設計する 〈山岸昭一〉

・日配:物流の効率性と品揃えの特徴とのバランスを考えた調達を模索 〈城取博幸〉

・グロサリー:バイイングとマーチャンダイジング双方で調達、取引先と協働で物流を効率化 〈近藤 智〉



■■【ザ・トップマネジメント】サミット 竹野 浩樹社長

「2020年までに20%ずつ変えていけば、5年後には100%新しいサミットになる」



■■【スーパートピック】

◇20年間の暮らしの変化

 食費は下げ止まり、微増傾向 増える肉類、加工食品の消費

 〜生協加盟者の家計簿調査に見る「食」データ〜 〈柿川鮎子〉



■■【新店注目店】

・ヨークベニマル 登米中田店/塩釜北浜店

 すでに宮城県トップチェーン、連続4店出店でドミナント強化 〈編集部〉

・MEGAドン・キホーテ 大森山王店

 ダイシン百貨店をリニューアル、ドンキ流MDで大型店を再生 〈西川立一〉

・スーパーセンターオークワ 中津川店

 東海エリアへの商勢圏拡大の着実な一手、柱業態のスーパーセンターでシェアを高める 〈渡辺米英〉

・ユニバース 福地店

 自社店の間を埋める中型店の出店、農家と勤め帰り客双方の集客図る 〈編集部〉

・ダイエー 町田店

 アウト比率を高め、さらに効率化 MAP包装は精肉にも拡大 〈西川立一〉

・そうてつローゼン 伊勢原駅前店

 地場産品の品揃えの拡充とちょっといいこだわりの商品で差別化 〈藤平吉郎〉

・イオン 甲府ココリ店

 甲府エリア初出店は市内中心地へ 酒は甲州ワインを地域一番の品揃え 〈編集部〉



■■【商品特集】酷暑の後には食欲の秋

秋冬のごちそう ここが攻め所

・精肉:魂を込めて売り込みたい「ワンランク上」商材 〈月城聡之〉

・鮮魚:にぎわいの場の中心はやはり旬魚のごちそう 〈樋口知康〉

・果物:価値あるおいしい商品で信用・リピートの輪を 〈代田 実〉

・惣菜:お一人で、家族そろって 手軽に秋の味堪能 〈成田廣文〉

・新米:縮むコメ市場でも高単価の商品化は可能 〈島田恵子〉

・酒:北風吹くのも楽しみだ 生ハムで燗酒一献 〈山田聡昭〉



■■【MD特集】「冷凍」が広げる豊かな食事の可能性

◇[総括]お客と店双方にメリットもたらす「惣菜の冷凍化」の必然性 〈城取博幸〉

◇[実食] 〈城取博幸〉

1.イオン「ピカール」で食事:本格的なフランス料理を低予算で再現できる

2.ライフフーズ「フローズンデリ」で食事:手間のかかる家庭料理を安価で提供

3.イオン「トップバリュ ワールドダイニング」で食事:あくまでも現地の味を再現、「あの味」を追求

4.セブン&アイ「セブンプレミアム」で食事:メーカーとのコラボレーション、味がよく吟味されている

◇[ザ・トップマネジメント]イオンサヴール 小野 倫子社長

「今冬に独立店を複数出店、ピカールを通じて日本での「冷凍の世界」を広げる」 〈編集部〉

◇[パイオニアの戦略]ライフフーズが狙う「惣菜の冷凍化」

 冷凍の惣菜「フローズンデリ」の育成図る 順調な伸び続き、48尺パターンも実験中 〈編集部〉



■■【特別企画】忙しい主婦客の支持が急増 「キット食材」の将来性

◇[事例]オイシックス「Kit Oisix」

 キット食材の定期宅配コース会員が3万人を突破 「忙しくても手軽に自炊」に支持が集まる 〈西川立一〉

◇「キット食材」、作ってみた 「時短」主義の主婦筆者が評価

・キット食材と同じ献立を自作したら、何分かかる?

・1.コープデリ「そろってGood!」 〈平澤芳江〉

・2.ローソンフレッシュ「キッチント」 〈岩本留里子〉

・3.オイシックス「Kit Oisix」 〈編集部〉

・キット食材利用者をSMに引き込むために

 キッチンスペースと売場の連動&食材の小分け販売が鍵 〈榎本博之〉



■■【特別インタビュー】

シアルパリ2016、ユーロパン&アンテルシュック2018に注目!

〜世界の食トレンドを発見しよう 〈編集部〉



【連載】

★商売上手を科学する 〈清原和明〉

 [第25回]冷凍食品を科学する 冷食マーケットは「フリーズ」しない?

★正しい「ほめ方」のススメ 〈原 邦雄〉

 [第2回]居場所づくりで、パートさんが長続きする

★チーフのための経験年数別「パートさんトレーニング」の勘どころ 〈富樫正浩〉

 [第2回]小さな仕事の喜びの積み重ねこそが定着につながる

★店長のための失敗に学ぶ「つまづきポイント」からの脱出法 〈木村 博〉

 [第2回]失敗する店長は問題を考えていない

★今すぐ書き込める! チーフの腕試し 売場の数字力 〈紙谷佳伸〉

 [第14回]PI値の基本と活用法

★コンビニはやっている! SMにできるか?

 ココまでやる個店対応の極意 [第2回]9月のMD 〈信田洋二〉

★食品商業パーティレシピ 〈加瀬まなみ〉

 [第6回] スダチ香るタイ風春雨サラダ



■■【連 載】テーマ別MDに挑戦!

このまま使える10月の販促企画書

◇ビッグデータで分かった! トレンド&旬情報 たべみる by cookpad 〈中村耕史〉

◇2016年10月の販売計画のポイント 〈近藤 智〉

◇家計から見る「売れ筋トレンド」 秋の季節感を演出 鍋物関連を強化 〈近藤 智〉

◇「気温と気象」ウエザーMD 上旬の長雨シーズン、下旬から徐々に冷え込み 〈常盤勝美〉

[野 菜]行楽、芋煮の食材 鍋つゆでメニュー提案 〈藤井俊雄〉

[果 物]ミカン、柿、リンゴ 品種の入れ替わりに注意 〈坂下眞幸〉

[鮮 魚]「まぐろの日」の販促 月末に寿司だねセット 〈堀内幹夫〉

[精 肉]肉が主役のおでん きのこ鍋で豚しゃぶ 〈月城聡之〉

[惣 菜]週替わり炊き込みご飯 人気のパクチー 〈林 廣美〉

[日 配]ハロウィーンにカボチャの洋風メニュー 〈城取博幸〉

[グロサリー]ハロウィーンのキッズメニュー手作り訴求 〈近藤 智〉

[菓 子]新商品 行楽用 ハロウィーンは予約販売 〈近藤 智〉

[リカー]ひやおろし ハロウィーンに甘い香りの酒 〈山田聡昭〉

[雑 貨]衣替えに洗剤&収納 掃除はカビ対策も 〈高橋かおり〉



★ホットインフォメーション

★チェーンストア&コンビニ月報

★編集後記・広告索引

編集長より今月の読みどころ

日本列島、多くの場所で猛烈な暑さが続いています。
日中の外出は本当に大変です。お客さまの買物時間にも、影響を及ぼしていることと思います。何とか早くしのぎやすくなってもらえればと思います。

さて、雑誌は早くも9月号の発刊を迎えています。
今月号も昨年に引き続いてスーパーマーケット(SM)の基本から最近の傾向までを網羅した特集がメーンです。SMの機能が「食材」提供から「食事」提供に変わっているといわれる中、基本的な知識にとどまらず、「変わるマーチャンダイジング(MD)」と今後の方向性までを解説する構成としました。
もちろん、最新の企業相関図や海外の動向、基本的な流通過程と変わる調達についても触れています。現役のSM関係者方はもちろん、内定されSMの今後を担われる方、SMにかかわる周辺業界の方々にもぜひ、SMをより深く知っていただくためにお読みいただければ幸いです。

また、今回は商品分野として特に「冷凍」にスポットライトを当てました。「惣菜への需要の高まり」と少子高齢化による「人手不足と売上げの減少」の問題を同時に解決する鍵となるのが「冷凍食品」だと思うためです。このマーケットを狙って多くのSM企業の熱い視線が注がれています。そこで戦略的に冷凍食品を強化する企業を分析しました。
余談ですが、酷暑の折「涼しげな特集」ですので、ぜひご覧いただければと思います。

9月号はそれ以外にも、商品物として秋冬に向けた商品提案、さらにこちらも簡便対応の「キット食材」も特集しています。
ぜひ、今後のMDを検討する材料にしていただければ幸いです。

暑さが続きます。ご自愛ください。

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須

商業界の月刊誌

  • 年間購読
  • バックナンバー
  • 広告掲載のご案内
  • メルマガ登録
  • バックナンバー取扱い書店
  • 臨時増刊・別冊
  • 商業用語 検索
  • 雑誌記事 検索
  • 商業界ONLINE 流通会社で働く人のオールインワン媒体

商業界の月刊誌

  • 月刊「商業界」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「販売革新」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「食品商業」 毎月15日発売 最新号へ
  • 月刊「ファッション販売」 毎月1日発売 最新号へ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール