トップ > 月刊誌 > 2018年2月号 商業界

商業界 2018年2月号

2018年2月号

商業界

  • 最近、新店の多くが声高にうたう「コト消費」。体験を学び、コミュニケーションといった価値を加えることで目的来店性を高めようという狙いなのですが、しばらくしてから訪れてみると、コト消費の場として用意されていたスペースが特売商品を積み上げたワゴンに占領されていたりすることは珍しいことではありません。本特集では、確かなコンセプトのもとにコトとモノをつなげる提案を行い、さらには熱狂的ファンを生むモノガタリ消費をつくりだす方法を、選りすぐりの事例を通じて提案します。

96ページ/04429-02/2017年12月28日発売

単冊購入 定価 1,200円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

年間購読(単冊と同時購入できません)

商業界で購入する(紙版+デジタル版)

月額払いで購入(紙版+デジタル版)

Fujisan.co.jpで購入
デジタル版・読み放題サービス付き

デジタル版のみ購入

  • AppStore
  • GooglePlay
アプリインストール後、アプリ内で課金

目次

●読者参加特集 第9回商業界POP大賞
[大 賞]セブン‐イレブン大阪舟橋町店(コンビニ/大阪市):アンテナ張り巡らしてなるほど情報をキャッチ!
・大賞受賞者クローズアップ:池田綾子さん SNSを通じて見つけたネタに大阪弁コピーで“笑い”を味付け
[優秀賞]銀座十石(おむすび・弁当店/東京・中央区):思わずドキッとしたあなた、驚かせてごめんなさい
[優秀賞]セブン‐イレブン富士市厚原店(コンビニ/静岡・富士市):小細工せずにモノクロで勝負! シンプルゆえにアピール力抜群
[入 賞]文具のいなもり/ハピオ/セブン‐イレブン日野三沢店/おおたやスーパーランドいすみ店/ワインとオマール海老の店UOMO/セブン‐イレブン仙台沖野小学校前店
[審査委員特別賞]ピアゴ大治店(スーパーマーケット/愛知・大治町):おでんの卵はこれからウズラ卵にしよう!
[審査委員賞]お菓子のふじい/いわい生花かましん小山天神町店/松源熊取五門店/ブルーム/やます/ニチエーさんらいず店/セイザンプランニング/高崎卓球/オカダヤ新宿本店/ハイノート高崎店/長坂養蜂場/敷島製パン
[編集部賞]小田原百貨店/ビッグリブ小牧店/島田屋高知店
[総 評]POP上達の近道は数稽古と「大賞」への応募にあり!

●巻頭特集 コトを売るバカ ――巷にはびこる“コト消費”の誤解を正す!
[コトを売る“幻”に踊らされるな!]
 「いいね! 貧乏」にならないためにコトとモノをつなげモノガタリを伝えよう 〈川上徹也〉
[実践事例]
・ナチュラルマーケットIKO(食料品店/広島・福山市):食材を販売するだけでなく生産者の思いをお客に伝える
・ペンズアレイタケウチ(文具店/愛知・岡崎市):試して使って、その話を聞いて……一本のペンを通じてつながる人の輪
[注目事例]
・なめがたファーマーズヴィレッジ(茨城・行方市):モノからコトへはもはや当然、コトからトキへと“場”を創造しよう 〈牧田良生〉

●特別企画 SNSでお客の信頼を得る
・SNS活用でお客との距離を縮める 〈阿部みちる〉
・プロフェッショナルが明かす 販促、集客のためのSNS、ブログの効果的な使い方 〈齋藤洋紀〉
[事例]
・メゾン ド フルール:インスタ活用でターゲットにピンポイント訴求
・アウラーレ(山口市):お客さまも店もWin-Win! スピードLINE接客術

●経営課題研究特集 後継者未定127万社 大廃業時代の事業承継
[承継者を困らせない]経理も初めから継がせる 取締役会と持ち株比率に留意 〈三浦紀章〉
[味方を増やす広め方]“見える化”で取引先の信頼獲得、イベントでお客に思いを伝える 〈岡本文宏〉
[もしものM&A]価格は資産より利益で決まる 譲渡条件の優先順位を決めよう 〈荻村昇二・大沼蔵人〉
[データが訴える]増える非同族への継承、「後継者あり」で高い“稼ぐ力” 〈箕輪陽介〉
[事例]
・平船精肉店(盛岡市):店と看板メニューをサラリーマンに継がせる 〈編集部〉
・静岡県事業引継ぎ支援センター(静岡市):全国屈指の成約数を実現した県内1000の相談窓口 〈西川立一〉
・三色香辛料(東京・練馬区):廃業を聞き承継を決意、息子は他社経験後に入社を 〈長谷川敏子〉

●実務企画 小売業における「業務用無線」活用 効率的な店舗運営を可能にする
小売業のための「業務用無線」活用法 〈三浦紀章〉

《好評連載》
・すごはんまっす~のたのしごと販促講座 〈増澤美沙緒〉
 [第40回]必要なのは「センス」ではなく「寄り添い力」なんですよ~
・本日開店◇編集者からの手紙「モノにコトを添える」
・エクスマの真理 さあ、常識から逸脱しよう 〈藤村正宏〉
 [第12回]小売業は商売の基本に戻ろう――行くだけで価値のある店舗を
・日本全国まちゼミ商人名鑑 シーズン2 店を繁盛させ街を元気にする“まち商人”の実践 〈山本明文〉
 [第11回]みのおのまち商学校(大阪・箕面市) 横山由樹
・私の商い道 時代を超えて受け継がれる商いの真実[最終回]
 むすんでひらいて 原田正照(総菜・弁当店/福岡・鞍手町)
・ワクワク系的商いの未来 心の時代のビジネス人間学 〈小阪裕司〉
 [第12回]「商売の本質に返る」ことで「商売の未来」が現れる
・「ここでずっと働きたい!」とスタッフに言ってもらえる定着マネジメント 〈岡本文宏〉
 [第6回]シニアの活用は人手不足解消の近道!
・ほっとはーと相談室 〈山田文美〉
 [第41回]一番良くて一番安いと宣伝したい
・ニッポン勝人塾 日々のニュースから商人は学べ! 〈佐藤勝人〉
 [第60回]お客さまに喜んでもらえる商売をでWin-Winになれる
・坂本光司の世界に自慢したい会社
 [第76回]沖縄教育出版(通信販売事業/那覇市)
・今月の秀逸コトPOP 〈山口 茂〉
 [vol.62]アンクル・トム(バイクショップ/大阪・池田市)

《お知らせ》
・第10回商業界POP大賞予告
・バックナンバー
・読者アンケート
・広告索引、編集後記、次号予告

編集長より今月の読みどころ

モノにコトを添える

例えば、あなたがお客さまにもっとハサミの奥深さを伝えたいとき……
例えば、あなたがクリスマスのディスプレイを担当したら……
この2つの仕事を効果的に、お客さまと楽しみながら行うために、どんな方法をとるでしようか?

愛知・岡崎市で年間1000本もの高級筆記具を販売する万年筆の聖地「ペンズアレイタケウチ」の店長の大河内麻紀さんが、スタッフと共に考えて実施しているのが「クリスマスモチーフの切り絵を作ろう!」というイベントです。
売場中央に置かれたテーブルの上には、さまざまなハサミと色紙が置かれています。
併せて置いてあるのが、切り絵の型紙。
4つ折り、6つ折りなど折り紙を折り、型紙に合わせて切ると、クリスマスの飾り付けができ上がります。

お客さまはそれを持って帰ってもいいし、店に残していってもいい。
店は残された切り絵を店内のクリスマスの飾りつけに、そしてお客さまは楽しみながらハサミの使い心地を確認できる……。
家族ともやってみたいと思っていただけたら、お店で折り紙とともに使い勝手の良いハサミを購入してくださる……。

このとき大切なのは、お客さまに商品の価値を知ってもらい、購入につなげるという“顧客の購買行動”をデザインすることであり、そのプロセスを仮説に基づいて組み立てることです。
もし、どこかでつながらない部分があれば、そこを修正していけばいいのです。
こうした計画・実行・検証・改善こそ、お客さまの買う気のスイッチを押し、お客さまにも「あっ、このお店、なんだかいいな」と思っていただける営みにほかなりません。

よくよく売場を見れば、じつに充実したハサミ売場です。
種類ごとに特徴がPOPにより解説され、選び方も分かりやすく表示されています。
何より、スタッフの人柄が伝わってくる表現なのです。
「見事なハサミ売場ですねえ」と私。
「私、ハサミとかカッターが好きなんです」と大河内店長。
「えっ……」
「いえ、小学生のときに先生からハサミの使い方が上手だと褒められたからなんですよ」
店内には、見事な切り絵のディスプレイもあります。
好きだからその商品に詳しくなる、好きだからお客さまにも伝えたくなる――。

今日、しばしば「モノからコトへ」と言われ、“コト消費”という言葉が独り歩きしています。
その点、同店ではハサミという商品(モノ)に「クリスマスモチーフの切り絵を作ろう!」というイベント(コト)をつなげています。
コトはモノとつながってこそ意味を持つ――特集「コトを売るバカ」の取材で訪れたペンズアレイタケウチでは、そのことを教えてもらいました。

【月刊「商業界」編集長 笹井清範】

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須

商業界の月刊誌

  • 年間購読
  • バックナンバー
  • デジタル版・読み放題サービス
  • 広告掲載のご案内
  • メルマガ登録
  • バックナンバー取扱い書店
  • 臨時増刊・別冊
  • 商業用語 検索
  • 雑誌記事 検索
  • 商業界ONLINE 流通会社で働く人のオールインワン媒体

商業界の月刊誌

  • 月刊「商業界」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「販売革新」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「食品商業」 毎月15日発売 最新号へ
  • 月刊「ファッション販売」 毎月1日発売 最新号へ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール