トップ > 月刊誌 > 2019年4月号 販売革新

販売革新 2019年4月号
NEW

2019年4月号

販売革新

  • ドンキホーテホールディングスは1月にユニーを完全子会社化し
    2月にはパン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)に社名を改めた。
    業界の異端児がイオン、セブン&アイ・HDに次ぐ第3極となり、主流に躍り出たという論調もある。

    PPIHに加え、流通情報革命を掲げAIやITを駆使した革新的な取り組みを進めるトライアルHD、
    高品質とエブリデーロープライスを追求し、売上げ・利益ともに2桁と好調なオーケー、
    あるいはコスモス薬品やロピア、ルミエールなどのDS勢力は業界の地図を塗り替え、
    流通の在り方そのものを変えようとしつつある。

    消費増税も予定され、ますます彼らの存在感が高まることも予想される中で、流通を変えるDS勢力のいまとこれからを追った。

A4変型/96ページ/07513-04/2019年4月1日発売

単冊購入 定価 1,234円(税込)

ネット書店で購入する

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 7net shopping
  • honto
  • 紀伊国屋書店
  • 本の通販 mibon

※弊社より直接10部以上のまとめ購入をご希望の場合は、
ページ上部の「お問合わせ」フォームより別途ご連絡ください。

年間購読を申込む(紙版+デジタル版)

月額払いで購読する(紙版+デジタル版) 5月31日まで3号連続50%OFFキャンペーン中

Fujisan.co.jpで購入
デジタル版・読み放題サービス付き

デジタル版のみ購読する

  • AppStore
  • GooglePlay
アプリインストール後、アプリ内で課金

サンプルページ

  • img
  • img
  • img
  • img

目次

●強いDSの時代

・パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
 大原 孝治<社長兼CEO>
・PPIHは環太平洋を制覇するか

・トライアルホールディングス
 亀田晃一<社長>
・トライアルホールディングス流通情報革命の成算

・オーケー
 二宮 涼太郎<社長>
・オーケー 高品質とEDLP追求の今

・売上高6000億円も視野にコスモスのローコストを生むEDLP

・近代流通の歴史はDSの栄枯盛衰
 その歴史と現状、未来を俯瞰する

・遅ればせながら我が国にもDS全盛時代が到来する
・ディスカウンティングフォーマット確立の条件

・ドンキモール トンロー&DON DON DONKI(タイ・バンコク)

●流通業界の謎
【有力チェーン編】
・PB赤字125億円
 ゾゾはいったい何につまずいたのか
・ファスト勢大苦戦
 ザラだけがなぜ急失速しないのか
・小売りの巨人
 シアーズはなぜ経営破綻したのか
・本当に注目株?
 メルカリはなぜ今も赤字が続くのか

【業界編】
・根本的な問題?
 チェーンストアはなぜ伸び悩んでいるのか
・急ブレーキ
 SC開発はなぜ歴史的低水準になったのか
・ブーム終わり?
 無人店舗は本当に実用化できるか

●大ヒットの舞台裏
【衣料品編】
 ・アルティメット フーデッドパーカー(ワークマン)
 ・カシヤマ ザ・スマートテーラー(オンワードパーソナルスタイル) 
【食品編】
 ・悪魔のおにぎり(ローソン)
 ・OiCy(クックパッド)
 ・甘酒(森永製菓)
【生活・住まい編】
 ・やきまる(岩谷産業)
 ・ラ・ヴィラ・ヴィータ(ラ・ヴィラ・ヴィータ)
【社会・サービス編】
 ・ポケトーク(ソースネクスト)
 ・プドーステーション(パックシティジャパン)

 平成の時代から振り返る これから生まれるヒットのキーワードは

●よく分かるデジタルマーケティング
 ・ビッグデータの活用で変わる流通
 ・デジタルマーケティングの基本Q&A
 ・押さえておきたい基本用語
 ・<レポート>SNS活用とLINEビジネスソリューション
 ・パルコデジタルマーケティング
 ・CCCマーケティング
 ・スターバックス コーヒー ジャパン
 ・中国のデータ・ドリブン社会を見る

●新店・新SCダイジェスト
 ・錦糸町パルコ(東京)
 ・ナルシス ダイバーシティ東京プラザ店(東京)
 ・イトーヨーカドー食品館 千住店(東京)
 ・カインズ幕張店(千葉県幕張市)
 ・ベイシア上尾平塚店(埼玉県上尾市)
 ・シーユー渋谷店(東京)
 ・伊勢丹新宿メンズ館(東京)
 ・阪急メンズ東京(東京)
 ・小田急百貨店町田店(東京都町田市)
 
●連載
 ・米国小売業を変える!?DNB④
 ・新しいチェーンストア理論
  その再考と展開42
 ・注目の店舗で解説する
  「良い売場、悪い売場」
 
 

編集長より今月の読みどころ

【強いディスカウンターの時代】

 「良いものをより安く」。
  人々の暮らしを豊かにするためにチェーンストアが常に追求してきたミッションです。
  言い換えるとディスカウンター(DS)がこれまで日本の流通を変えてきたと言ってもいいでしょう。
 ドン・キホーテを中核とするパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの売上高は今6月期に1兆3700億円に達する見通しです。すでに日本の小売業のベスト10入りをした同社をはじめ、トライアルホールディングス、オーケー、コスモス薬品といったDS勢はもはや流通の主役です。彼らは今、何をしようとしているのか。特集「強いDSの時代」では彼らが描く新たな流通の青写真を探りました。
  目まぐるしく移り変わる流通業界。
  日々報じられるニュースの表面だけを見ていてもその実体は分かりません。
  事件の背後にある事情やその現象が持つ意味、事業の構造なども理解して初めて、事の本質が理解できるのです。
  そこで「流通業界の謎」特集では、最近の流通業界で起こった事件や出来事を中心に、読者の皆さんが気になって夜も寝られないであろうあの有力チェーンや業界に関する「謎」を取り上げ、一つ一つ丁寧に解説しました。
  この他、4月号では大ヒットした商品やサービスの開発経緯を取材した「大ヒットの舞台裏」、基礎から学ぶ「よく分かるデジタルマーケティング」といった特集を組みました。
  今月の新店・新SCは「錦糸町パルコ」や「阪急メンズ東京」など注目の店をご紹介しました。
 第1特集では、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの大原孝治社長兼CEO(最高経営責任者)、トライアルホールディングスの亀田晃一社長、オーケーの二宮涼太郎社長にインタビューしました。

 今月号も読みどころ満載です!

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須

商業界の月刊誌

  • 年間購読
  • バックナンバー
  • デジタル版・読み放題サービス
  • 広告掲載のご案内
  • メルマガ登録
  • バックナンバー取扱い書店
  • 臨時増刊・別冊
  • 商業用語 検索
  • 雑誌記事 検索
  • 商業界ONLINE 流通会社で働く人のオールインワン媒体

商業界の月刊誌

  • 月刊「商業界」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「販売革新」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「食品商業」 毎月15日発売 最新号へ
  • 月刊「ファッション販売」 毎月1日発売 最新号へ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール