トップ > 月刊誌 > 2018年8月号 販売革新

販売革新 2018年8月号
NEW

2018年8月号

販売革新

  • -誰が食のシェアを奪取するのか-
    ■狭小商圏を勝ち抜く

    少子高齢化、オーバーストア化の中、1店舗当たりの商圏人口減少が加速している。
    小商圏化は進み、業種業態を超えたパイの奪い合いは加熱、購買頻度の高いコモディティ商品、
    とりわけ食の市場の奪い合いは激化し、覇権の入れ替わりも激しい。
    その現状と小商圏のキープレーヤーたるドラッグストア、コンビニ、スーパーマーケットの現状を追う。


A4変型/96ページ/07513-08/2018年8月1日発売

単冊購入 定価 1,234円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

年間購読(単冊と同時購入できません)

アプリストアで購入

  • AppStore
  • GooglePlay

目次

★★               ★★

■狭小商圏を勝ち抜く

・小売業 狭小商圏化の必然と課題
・3つの文脈で読み解く“狭小商圏時代”の到来
●ゲンキー 
 商圏人口現への挑戦

 -最新動向にみる-
●ウエルシア コスモスの戦略

 -狭小商圏奪取への体制は盤石にあらず-
・ドラッグストアの強みと課題

●セブン ファミマ ローソン
 同質化から脱却、ビジネスモデルを転換

●ヤオコー ベルク 成城石井の先進事例と
 グローサラント・移動販売に見る SMの突破口

 -マイクロマーケット奪取に向け
・新たなビジネスモデルの確立進む

★★              ★★
【販革レポート】

●新生 ゾゾが描く世界戦略の青写真

●メルカリのビジネスモデルと成長可能性

★★              ★★

■100円ショップの今
●大創産業
 ・商品戦略 
  コラボ商品とシリーズ化を軸に若い層の獲得に成功
 ・出店戦略
  あらゆる立地へと対応力が出店加速を支える

<INTERVIEW>
●キャンドゥ
 城戸 一弥 社長

●セリアの商品戦略
 -コーディネート&ライフスタイル提案を強める-

<業態分析>
・100円ショップの進化とさらなる成長への課題

★★              ★★
-流通人必見!すぐに使える-
■店舗調査の方法
ストアコンパリゾンの基本技術を教えます

-私の店舗調査のノウハウ- 
・食品 を見るポイントと技術
・衣料品・雑貨 を見るポイントと技術
・住関連 を見るポイントと技術
・SCを見るポイントと技術
・最新注目店・SC視察ガイド

★★              ★★
-お客を引き付ける-
■売場の編集力

・お客が訪れたくなる売場づくりとは
 
 -編集力を高める百貨店-
●大丸松坂屋百貨店  -館に必要な機能を持たせる編集力-
 ・大丸札幌店「KiKiYOCOCHO」
 ・松坂屋上野店「上野が、好き。ステーション」

●髙島屋   -ターゲットが明確な編集売場
 ・髙島屋新宿店 「ウェルビーフィールド」 
 ・髙島屋横浜店 「ベルサンパティック」

 -リアルの価値を創造する新業態の売場-
●有隣堂
 松信健太郎<専務取締役>
・「ヒビヤ セントラル マーケット」
 (東京ミッドタウン日比谷)

★★              ★★
<NEW STORE&COMMERCIAL FACILITY REPORT>
●ベイシア前橋小島田店&カインズ前橋小島田店
●ブルーミンググルーミーひばりが丘パルコ店
●ライフ蕨駅前
●ペリエ千葉

★★              ★★
【連載】
・新しいチェーンストア理論-その再考と展開34-
・注目の店舗で解説した「良い売場、悪い売場」

★★              ★★

 

編集長より今月の読みどころ

商圏が狭く、小さくなっています。
  少子高齢化やオーバーストアなどによって、1店舗当たりの商圏人口が減少し、限られた「食」の市場をどう獲得するかといったパイの奪い合いが業態間の垣根を超えて激しくなってきました。
  かつてはスーパーマーケットが得意だった地域の生活者の需要をコンビニが「中食」を中心に一部奪い取り、最近ではドラッグストアが食品を強化することによって、今度はそのコンビニを脅かしています。
 「狭小商圏を勝ち抜く」特集では、狭小化する商圏を戦う小売業の現状と挑戦をレポートしました。
  インターネットで衣料品を買う――
  かつては考えらなかった消費習慣を根付かせ、急成長しているゾゾタウン。
  運営するスタートトゥデイは10月から社名を変更し、新生ゾゾとして新たなビジネスモデルを確立しようとしており、世界に向けた戦略を描いています。
  販革レポートでその中身を明らかにします。
  一方、フリマアプリで一世を風靡しているメルカリ。 このほど株式を上場し、話題を集めました。
  同社の概要と今後の成長可能性も販革レポートで報じます。
 実質的にデフレ基調が継続する中、100円ショップは日本の消費者に完全に浸透しました。
  大創産業、セリア、キャンドウといった大手3社の売上高は合計で約7000億円。
  「100円ショップの今」特集では3社の戦略を取材しました。
 この他、すぐに使えるストアコンパリゾンのノウハウを集めた「店舗調査の方法」、百貨店を中心に編集型売場を研究した「売場の編集力」など、今月号も読みどころ満載です!

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須

商業界の月刊誌

  • 年間購読
  • バックナンバー
  • デジタル版・読み放題サービス
  • 広告掲載のご案内
  • メルマガ登録
  • バックナンバー取扱い書店
  • 臨時増刊・別冊
  • 商業用語 検索
  • 雑誌記事 検索
  • 商業界ONLINE 流通会社で働く人のオールインワン媒体

商業界の月刊誌

  • 月刊「商業界」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「販売革新」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「食品商業」 毎月15日発売 最新号へ
  • 月刊「ファッション販売」 毎月1日発売 最新号へ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール