トップ > 月刊誌 > 2018年3月号 販売革新

販売革新 2018年3月号

2018年3月号

販売革新

  • 変化の時代と言われます。
    特に小売り・流通業を取り巻く環境はかつてないほど激しく、劇的に変化しています。
    そんな時代だからこそ“業界知識”の大切さが問われます。
     特に春は入社、異動の季節。新たに流通業界に入って来られた方、彼らを迎えられる方、そして流通業界周辺の方に向けて、原理原則から最新動向まで知っておきたい知識を5部構成でまとめました。
    基本と今を知ることで、これからやるべきことがきっと見えてきます。

A4変型/128ページ/07513-03/2018年3月1日発売

単冊購入 定価 1,389円(税込)

商業界で購入する

他のネット書店で購入

  • amazon
  • 楽天

年間購読(単冊と同時購入できません)

商業界で購入する(紙版+デジタル版)

月額払いで購入(紙版+デジタル版)

Fujisan.co.jpで購入
デジタル版・読み放題サービス付き
(外部サイト「Fujisan.co.jp」
にリンクします)

デジタル版のみ購入(アプリインストール後、
アプリ内で課金)

  • AppStore
  • GooglePlay

目次


★★            ★★
■流通入門
【PART 1 日本流通の“今を俯瞰する”】
 ・2018年5つの潮流
  -進化するテクノロジーをわが社に取り込め!-
 ・営業収益ランキング
  -ユニー、ファミマ統合など、再編相次ぎ順位変動!-
 ・流通の大相関図
  -異業種間の連携進む!、EC起点の提携も-

【PART 2 世界流通の“先”を遠望する】
 ・世界流通業ランキング
  -首位堅持のウォルマートと急伸のアマゾン-
  
  <グローバルプレーヤーの基本と最新>
  ●ウォルマート
   -オンライン、オムニ、未来型店舗の開発も-
  ●アマゾン
   -レジなし店舗にボイスコマースと革新加速-
  ●クローガー
   -迎えた転換点、リアルとネット融合への道-
  ●アルディ
   -徹底したローコスト運営によるHDSで急成長
  ●リドル
   -米国では600坪のSMでも展開するHDS急先鋒
  ●ホームデポ
   -“ワンホームデポ”を掲げ、事業モデルも転換
  ●ウォルグリーン・ブーツアライアンス
   -HBCの品揃えトサービス機能を核に利便性実現-  

【PART 3 注目企業の“戦略”を整理する】
  ●イオン
   -国内流通トップが急ぐデジタルプラットフォーム構築-
  ●セブン&アイ・ホールディングス
   -強さ支えるコンビニ&金融、成長課題はオムニチャネル
  ●ファーストリテイリング
   -モノづくりとグローバル戦略で世界第2位を目指す
  ●ニトリ
   -30期連続増収増益が見据える次の“市場”
  ●ドンキホーテホールディングス
   -ライフスタイルの変化を捉え、業態、MDに磨き
【PART 4 主要業態を“数字”で把握する】
  ・総合スーパー
  ・スーパーマーケット
  ・ホームセンター
  ・ドラッグストア
  ・家電量販店
  ・衣料専門店
  ・コンビニ
  ・EC
  ・百貨店
  ・ショッピングセンター
    
【PART 5 小売業の“原理原則”を理解する】
  ・チェーンストア必携用語大事典450
  <1 経営の基本>
   ・チェーンストア経営の用語
   ・商品と価格の用語
   ・業態類型の用語
   ・組織の用語
  <2 最新の潮流>
   ・マーケティングの用語
   ・オムニチャネル・ITの用語
   ・物流の用語
  <3 流通の教養>
   ・時事・話題の用語
   ・SCの用語
  <4 仕事の技術>
   ・計数の用語
   ・取引・仕入れの用語
   ・レイアウトと陳列の用語
  <5 法律の勘所>
   ・衛生と安全の用語
   ・表示の用語
   ・雇用と労働の用語
   ・環境と施設の用語
  インデックス

★★                ★★
 【インタビュー特集】
 ■流通を変える トップマネジメント<続編>
  
  ●いなげや
   成瀬 直人<代表取締役社長>
   -地域のお役立ち業として社会貢献。なくてはならないお店の実現を図る-
  ●髙島屋
   木本 茂<代表取締役社長>
   -都市部好調、都市郊外の損益改善“まちづくり戦略”を国内外で推進-
  ●西松屋チェーン
   大村 禎史<代表取締役社長>
   -本格的PB開発のさらなる強化で4桁チェーン対応の収益基盤確立
  ●ヤフー
   小澤 隆生<執行役員> 
   -日本最大規模のマーケットプレイスに成長。満足度高める戦略で使ってもらえるECに-
★★                ★★
 ■AIストア最前線
  
  ●スーパーセンタートライアル アイランドシティ店
  ●JR東日本スタートアッププログラム
  ●ホテルコエトーキョー
  ●GATHERING TABLE PANTRY
  ●BINGO BOX
 【特別提言分析】情報システム新時代の販売革新                
  ドラッグストア「街の健康ハブステーション」への課題
 【連載】
  ・ドラッグストアの販売データから読み解く
   「主要カテゴリーの商品トレンド最前線」
   第3回「ペットフード」&「ペット用品」
  ・新しいチェーンストア理論-その再考と展開29
  ・注目の店舗で解説する「良い売場、悪い売場」
 ★★               ★★

編集長より今月の読みどころ

最新動向と原理原則、ビジネスが全て分かる総力特集「流通入門」

入社、異動のタイミングとなる『販売革新3月号』では、ビジネスの全てが分かる「流通入門」を総力特集。
原理原則から最新動向まで知っておきたい知識を5部構成でお届けします。
まず、第1部では、流通小売業界で起こっている5つの潮流をピックアップするとともに、国内流通チェーンの売上規模ランキングや、相次ぐ再編で激変する企業グループの最新相関図などで、業界のアウトラインを解説します。
第2部では、世界流通業の最新ランキングを基に、ウォルマートやアマゾン、アルディやリドルといった革新のフロントランナーたちの基本と最新を解説し、世界流通のその先を見通します。
第3部では、イオン、セブン&アイ・ホールディングス、ファーストリテイリング、ニトリ、ドンキホーテホールディングスといった日本流通小売業の主役たちの最新戦略を整理します。
第4部では、業界再編や業態の垣根を越えた競合が激化する今だからこそ、主要業態の現状を象徴する数字を基に、解き明かしていきます。
第5部では、こうした動向を理解する上でも欠かせない原理原則を理解するために、流通小売業の仕事を遂行する上で欠かすことのできない基本用語を450収録した「チェーンストア必携用語大事典」を総力でお届けします。
ほかにも2月号から引き続き、いなげやの成瀬直人社長、髙島屋の木本茂社長、西松屋チェーンの大村?史社長、ヤフーの小澤隆生執行役員といった、これからの流通小売業界を変えていくトップマネジメントに登場いただき、その戦略に迫ります。
さらに、流通小売業の喫緊の課題となっている労働生産性向上に向けたAIやIOT、ロボット活用が進む中、多くの企業で出店や実験が盛んな次世代型店舗「AIストア」の最新事例特集もラインアップ。
3月号は、丸ごと流通業界が分かる決定版として、全ての流通人にお読みいただきたい1冊です。

月刊「販売革新」 編集長 楠瀬正行

読者アンケート

本書に関するご意見、読後の感想などをお寄せください。

年齢必須
性別必須
お住まいの都道府県必須
公開可否必須
ご意見・ご感想必須

商業界の月刊誌

  • 年間購読
  • バックナンバー
  • デジタル版・読み放題サービス
  • 広告掲載のご案内
  • メルマガ登録
  • バックナンバー取扱い書店
  • 臨時増刊・別冊
  • 商業用語 検索
  • 雑誌記事 検索
  • 商業界ONLINE 流通会社で働く人のオールインワン媒体

商業界の月刊誌

  • 月刊「商業界」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「販売革新」 毎月1日発売 最新号へ
  • 月刊「食品商業」 毎月15日発売 最新号へ
  • 月刊「ファッション販売」 毎月1日発売 最新号へ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール