月刊商業界

  サイトマップ お問合わせ
HOME オンラインショップ 定期購読のお申込み セミナー 通信教育 日本スーパー名鑑 会社案内
月刊商業界
 

HOME > 月刊商業界

 
 

雑誌記事検索


  iPad版 5月30日よりAppStoreから特別価格で発売!
商業界初のiPadアプリが誕生しました。
   
 
  ▼お問合わせ先:上の画像をクリックすると商業界編集部宛にメールが送れます。

 


月刊商業界WEBニュース

月刊商業界WEBニュースのバックナンバーへ >

 

現在最新ニュースはありません。

 
 

編集長が語る今月号の読みどころ

 

月刊「商業界」16年08月号
2045年問題

 
「2045年問題」という言葉をご存じでしょうか。
人工知能が
指数関数的に進化を続けていくと
2045年ごろには
人間がその未来を予測できなくなる、
つまり人工知能が人間の知能を
超えるという仮説です。

グーグルで人工知能開発の総指揮を執る
レイ・カーツワイル氏が
著書『The Singularity Is Near:When Humans Transcend Biology』で発表、
大きな話題となりました。

最近ではこんなニュースもあります。
今年3月、
グーグル傘下の英国企業によって開発された
コンピュータ囲碁プログラム「アルファ碁」が
世界最強といわれる韓国のイ・セドル棋士を
4勝1敗(全5局)で撃破。

これまで、チェス、将棋で人工知能がプロを
下してきたものの、その複雑さから
「囲碁は10年先」といわれてきました。

この歴史的快挙によって、2045年問題は
前倒しされるという憶測も出るほどです。

こうしたニュースに触れるとき
商いの現場はどうなるのだろうと考えます。
スーパーマーケットでも
セルフレジが当たり前になりつつあり、
インターネット通販の進歩は加速しています。

多くの人が
人工知能に仕事を奪われる時代が来ても
不思議ではありません。
もちろん、
機械や人工知能にやってもらう方がよい仕事もあるでしょう

これまでそうやって文明は進んできました。
しかし、人間にしかできないことは必ず
残ります。

その一つに“気付く能力”が挙げられます。
昔の言い方をするなら、他者のことを痛ましく思い
同情する心、惻隠の情です。

お客さまの思いをくみ取り、それに寄り添う気持ちです。

人間を感動させることは、人間にしかできない---
私はこう思っています。

確かに、
モノを売るだけなら、機械のほうが効率的でしょう。
しかし、全ての買い物とは
モノを買うだけの行為ではないはず。

そこに感動があり、共感があり、気づきがあり、
学びや驚きがあるはずです。

そして、そうした感情を抱くことができるのは「心」です。
まだ、機械に「心」はありません。人間にしかできない商い---
私たちの進むべき道はここにあります。
 
【2016-07-01 月刊「商業界」 編集長 笹井清範】
 
 
 

本ホームページに記載されている製品情報は、製品概要です。

Copyright © 2007 The Shogyokai Publishing, Co.,Ltd. All right reserved.